« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

sometime Lunch

『野菜いっぱいサラダ・サンド』

お好きな野菜(レタス、キュウリ、レッド玉葱etc)&ハム&
ウインナー&チーズ&マカロニ&バケット&ポテトスープ・・・

サンドウィッチ用ドレッシングにケチャップを加え、
少し酸味を利かせてさっぱりと・・・
チョイスした野菜と一緒にパンにはさんで・・・

デザートにスイーツと果物をちょっぴりcherry

見た目よりはカロリーも少なく、
ヘルシーなrestaurantお昼のプレートに・・・如何でしょ delicious

| | コメント (0)

『久能 靖さん特別講座』

今週『Sagacity』は久能靖さんの特別講座を開催させて頂きました。

久能さんのライフワークのひとつでもある皇室のお話。
二時間あまりがアッという間・・・

「楽しかった!」と、参加された皆様からの感想を頂きました。

今後も心と心を繋ぐ有意義な時間を作っていければと思っています。

それにしても・・・・

久能さんのお話は分かりやすくて面白い!!
数々の現場を見て来た方の報告は強いメッセージも感じます。
流石です。いろんな事が勉強になります。

本当に貴重な時間を頂きました。
ありがとうございました。

この日の様子は『Sagacity』のページでもお伝えしています。

次回は是非もっとたくさんの皆さまに参加して頂き、
一緒に有意義なお時間を!と思っています。

| | コメント (0)

着々と・・・・

shine準備が進んでいます・・・

構成などお世話頂いているマーサメリーさんより
今日、note ライブのチラシが届きました lovely

一歩一歩・・・foot
いろんな方々の力がひとつになり
目標に向かって進んでいる感じ・・・

なんだかワクワクしてきますshine

かつて宮川泰先生に直接歌唱指導頂いた
『 ザ・ピーナツ 』 もkaraoke歌わせて頂きます。

おそらく懐かしい曲をたくさん聞いて頂けることになると・・・
皆さまも一緒に口ずさみ楽しんで頂ければ、とても嬉しいheart04

マーサメリさんーのHPでライブ前の
私達への『10の質問』インタビューがまもなく掲載されます。
同じ質問に恵子ちゃんはいったい何て答えてるんだろ confident ???
http://masmary.com/modules/pico/index.php?page=menu

是非そちらもお楽しみに・・・・happy01

| | コメント (2)

old rookie !?

shineサスガと唸らせるcamera ポージング~goodshine!!



tv TVで活躍する方々はやり一味違います・・・・

flair だってこれ、「初めまして~happy01shine
のご挨拶をし終えたあとのほとんど初対面の控え室ショット!!

時計 clock 回りに私のお隣から・・・
森山一葉さん、児嶋浩次郎さん、古川桂次郎さん、中野珠子さん、
皆さん、何処かで見てる顔!!

まもなく tv 初番組の出番を間近に控えたcoldsweats01 ぎこちない私以外は
満面の笑みとサスガのポーズでしょ・・・goodshine

いや~~~~happy02sweat01

これまでとちょっぴり勝手の違うお仕事にトライしたこの日は
そんな皆さまと、スタッフの皆さまの温かい心遣いと、そして
山田邦子さん、彦摩呂さんのお気遣いの元、
なんとか無事に終了させて頂くことが出来ました。

新たな扉を開いてとても良い勉強になりました。

ありがとうございましたhappy01shine
機会を下さったリカさんと・・・
すべての出会いに感謝の一日ですheart02

| | コメント (2)

再結成 『 ラ・フローレス 』

突然ですが・・・・

『 ラ・フローレス 』 の さが聖子です heart01

「 別れても好きな人 」のロス・インディオスから卒業して
 どれくらいの月日がたったことでしょう・・・・

それからの歩み・・・
まだ途上の人生ですが、それでもいろんなことがありました。
たくさん笑い、たくさん泣き、すべての人がそうであるように
悔しい思いも悲しい思いも、喜びもたくさん味わいました・・・。

そして・・・
また歌いたくなりました。

縁あって恵子ちゃんと再び歌わせて頂きます heart01

6月23日の大安の日note
懐かしいお顔も拝見できるでしょうか・・・

場所はいつもお世話になっている
宇崎竜童さん、阿木耀子さんご夫妻のライブハウス
『 ノーヴェンバー・イレブン 』

こちらで詳しくご紹介頂いています
http://www.risingdragon.jp/
http://masmary.com/

初夏の風吹く頃・・・
皆さまとお会いできること、楽しみしています heart01

| | コメント (2)

『 ふり向くな君は美しい 』

作曲家の三木たかしさんの訃報が届きました。

素晴らしい楽曲を数々手掛けられ、
日本の音楽シーンを作られた作曲家である事は、
皆さまもご存知のことでしょう。

その楽曲の中にこんな一曲があります。

『 ふり向くな君は美しい 』

ご存知、高校サッカーの歌です。
毎年、暮れからお正月にかけて日本テレビ系列で流れ、
多くの方に長年親しまれている曲・・・

これを作曲されたのも三木たかしさんです。

私は、この曲を 『 ザ・バーズ 』のメンバーの一人として
歌わせて頂きました。

ビクタースタジオでのレコーディングの時、
三木さんもスタジオへお見えになっていました。
当時のディレクターは、あの飯田久彦さん・・・
作詞は、阿久悠さんですから、今にして思えば
素晴らしい方々がプロジェクトに加わっていました。

古いパンフレットに書かれた三木さんのコメントをご紹介します。

 『 永遠の青春賛歌として
  以前から、青春賛歌を書きたいと思っていたところ、
  こんどの”高校サッカーの歌”に取り組む機会を得た。
  若者が誰でも口ずさむことが出来る様、軽快なテンポで
  作ってみたが、サッカーのみならず、野球、水泳、ラグビー、
  体操等あらゆるスポーツの青春賛歌として歌い続けられる様
  心から願っている。』

1976年に発表された曲ですが、三木さんの願いどおりに
この曲は長きに渡り、たくさんの人々に愛され続けています。

4、5年前、日本テレビ『 ザ・ワイド 』の取材で三木さんに
お会いする機会に恵まれ、当時の事をお話させて頂きました。

まだ子供で青春真っ只中にいた私達は、レコーディング終了後、
その楽曲そのままに歓喜のあまりその場で泣いてしまった事・・・
三木さんご自身もとても興奮したと、懐かしそうに
そしてとても嬉しそうに想い出されていました。
そのお顔は作曲家の先生というより・・・
笑顔のとても優しい三木たかしさんでした。

私にとってはデビュー作となる誇りに思う素晴らしい楽曲。
そう言えば先週末、ふと思い立ち初めてカラオケで
何十年ぶりに 『 ふりむくな ・・・・ 』 を歌いました・・・。

お別れの時は当時の仲間と共にご挨拶させて頂こうと思います。

「 ありがとうございました 」 
心からの感謝の気持ちとご冥福をお祈りして・・・。

| | コメント (2)

『若草物語?!』

 5月某日 午後9時30分現在・・・clock

三紗子ちゃんに 三女 sign02 まみ 

ただいま、karaoke熱唱中~~~notesnotesnotes

 

 ・・・・・・・flair

そして、こちらは・・・本日都内某所

ただいま、karaokekaraoke特訓中~tulip~~notesnotesnotesnotes

???tulip??

詳細、近日中にお知らせさせて頂きま~す happy01

| | コメント (0)

『旅立ち ~足寄より~』

slate 素晴らしい映画でしたshine

生存している方がモデルの映画って・・・
日本ではあまり例がないと思いますが・・・

松山千春さんの 『 旅立ち ~足寄より~ 』

ご本人は・・・
「生きてるうちに映画が出来るなんて、
                最低だわな・・・」

と、独特の口調で照れていらっしゃいましたが、
映画の題材になるべく人生の時を
すでに送っているのです。

しかもデビュー当初・・・
20歳を過ぎたあたりで、すでに・・・

千春さんのスタンスや言動は時として攻撃的に
取られたり、もしかしたら誤解を招いてしまうことも
あるのかも知れません。最近はそうしたキャラクターに
なっているかもしれませんが、実はその裏で・・・
人に対してどれだけ礼儀正しくご挨拶をされるか、
人を立てるか・・・
目配り、気遣いをされるか・・・
体育会系の古風で硬派な振る舞い・・・
その第一印象とのあまりのギャップに
私も最初は戸惑いました。

何故、千春さんが北海道にこだわり、
音楽を発信しているか、歌を歌っているか・・・
その真実がこの映画で描かれています。

そこにある人と人との関わり方
「 信じる 」 とは、どういうことなのか・・・
心と心との本当と繋がりを本当の優しさを
愛を伝えています。

しかも、それが今生きている人の人生を通して・・・

あらためて、凄い人だなぁ・・・と思います。

何度か観たうちの一回は本籍を北海道に持つ
後輩と鑑賞しました。まだ若い彼女・・・、
たぶんこれからが本当の人生の彼女が
これを観て何を思ったかは分かりませんが、
・・・胸熱くしていました。

生まれた瞬間から『 死 』を意識せざるを得なかった
彼だからこそ、出会いと別れの意味を深く胸に
刻んでいるのかも知れません。

「 生きていること 」
「 生かされていること 」
「 生きていなくてはいけないということ 」

今の私には大きな、そして、とても・・・
とても大切なメッセージ。

映画は昨年11月北海道で先行公開されて以来、
現在も全国で好評ロングランを続けています。


ゆっくり、千春さんの歌を聴いてみたくなりました・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »