« 噂をきいて・・・・ | トップページ | 夏の水羊羹 »

The greatest musical !!

それは、いままで観た中でもトップのステージでした。

再び出かけた日本公演中の『 ヘアスプレー 』
千秋楽を明日に控えた土曜日・・・

ラッキーなことにオーケストラBOXも覗ける2列目のお席で、
舞台の上で歌い踊る出演者の息や汗まで感じる迫力に感動でした。

その中・・・
すでに何度もご覧になっているファンの方もたくさん
いらっしゃるのか、お客様もまた素晴らしく笑いも拍手も
これまでの日本公演にない反応の良さに私まで嬉しくなりました。

ラストは場内アナウンスが3度、4度と、何度終演を告げても
なお鳴り止まないカーテンコールの拍手!!
私も 「もう手が二倍に腫れてもいい!!」ってくらいの拍手を・・・

会場全体が一体となった異例の興奮状態でした!!

日本公演の会場はNYの小さなニールサイモン劇場と違い
2000人以上は入る会場なので、その盛り上がりも最高でした。

とにかく、私が今まで観た中で最高のスタンディング・・・。

その 『 ヘアスプレー 』 の中で私がおもわず涙を流してしまう歌。
今回もその迫力と訴えに心震わせました。

日本公演では訳詞も付いていたので、少しご紹介します。

 『 I  KNOW  WHERE  I'VE  BEEN 』

  闇の中に光が見える  

  夜は私の肌のように暗いのに

  明るく燃える 光が見える  私を導くように

  だけど 私は今まで来た道をしっている

  

  遠くで泣き声が聞こえる  

  それは深みからどうしてと 訊いている声なのよ

  私は祈る  答えがこの先にあることを

  なぜなら 私は今まで来た道を知っているから

  

     未来には夢がある

  苦しみには まだ打ち勝っていないけれど

  私の心には 誇りがある

  なぜなら 私はどこにいるのか分かっているから

  そして 今まで来た道も


毎回、その嘘のない心からの魂の歌声に涙が溢れてきます・・・。

作品のプロデューサー、マーゴ・ライオン氏は、こう語っています。
『 この物語にはアメリカの美点や特質が見事に包含されている。
 太っている人もいれば痩せてる人もいる。
 黒人も白人も、ゲイもストレートもいて、
 その人たちすべてを受け入れるのが、アメリカという、
 世界でも特殊な国なのだということ。』

” 自由の国 アメリカ ”

しかし近年、世界中がそれを空々しく思えてしまう感覚。
そうした中でこの先を進む勇気を与えてくれる 『 ヘアスプレー 』

この作品がブロードウェイでミュージカル化されたのは、
世界を震撼とさせた2001年に起きたあの事件、
『 9*11 同時多発テロ事件 』
その翌年からだったというのが単なる偶然ではないと
感じているのは、私だけでしょうか・・・・

|

« 噂をきいて・・・・ | トップページ | 夏の水羊羹 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 噂をきいて・・・・ | トップページ | 夏の水羊羹 »