« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

『 Good*Bad*Weird 』

それはそれは、ハチャメチャでした!!
ここまで、いっちゃうともう笑うしかないって感じ!!

それくらい楽しく面白い映画・・・
『 グッド・バッド・ヴィアード 』

2008年のカンヌ映画祭上映の際は、
『インディ・ジョーンズ』より遥かに面白いと絶賛されたとか。

冷酷なギャング ” 悪い奴 ”、イ・ビョンホン、
クールなハンター ” いい奴 ”、チョン・ウソン、
間抜けなコソ泥 ” 変な奴 ”、ソン・ガンホ、

韓国を代表するキャストに3人による、どう見てもスタントなし、
CGなしとは思えない痛快アクション映画・・・



それをさらに面白くしているのが日本軍兵士の登場!
これがまた、映画のいい味付けのスパイスになっています。

さて、その中で悪い奴を演じた、愛すべきイ・ビョンホン・・・
戦いで死んでもけして負ける事は許されない強い自尊心の
持ち主。 男ならそうあってほしい・・・私の好きなタイプです。
でも、そんな冷血男も結局は熱い血潮で動かされているような・・・

ところで、
この映画には日本では未公開のエンディングがあるとか!

次回、続きがありそうな予感がするのは私だけかしら???
とにかく、文句なく最高に面白い映画でした!!

| | コメント (0)

・・・・ from NewYork ?!

五番街にあるビルの中に・・・・

こんなカフェ、ありますよね・・・・

「 珈琲&NYチーズケーキ 」

ちょっぴり、NewYork気分で・・・                 from ” YOKOHAMA ”

| | コメント (0)

「きのこ200gパスタ」

今日も、秋らしく ” きのこ料理 ”
先日も作ったこのメニュー、でも今回は趣旨が異なり・・・・

なんでも、いま巷では 「夜きのこダイエット」なるものが、
流行っているらしい・・・

一日、200グラムのきのこを夜に食べる。
きのこのカロリーは100gあたり約20キロカロリー。
食物繊維が豊富であるため、老廃物が排出されやすくなる。
キノコキトサンの効果により、体の免疫力を正常にし、血流も改善。
また、内臓脂肪も燃焼するのだとか。

良いことづくしではありませんこと!!

と言うわけで、早速!
椎茸と、えのき茸としめじ 200gで、パスタ・・・・・

でも今日はこれ、お昼なんだけど・・・
やっぱり、夜じゃなきゃ駄目だったかしらん???

| | コメント (0)

ほっくり栗ごはん

maple 秋ですね・・・
艶々で大きな栗を買いましたshine

さっそく、栗ごはんにflair
皮を剥くのは手間がかかりますがsweat01
美味しく作るための一手間一手間・・・ coldsweats01

・・・・・その甲斐あって、とっても美味しく出来ましたぁheart04

炊飯器には少々の薄口醤油とお出汁。

栗は少し甘みを出したかったので皮を剥いてちょっぴり蜂蜜を・・・。
これが、結構良い感じで大成功!!

ほっくりな栗ごはん delicious
maple 秋ならではの味覚でGoodですgoodshine

| | コメント (0)

「 これぞ! 絶品焼肉!」

shine 初めての出会いは衝撃的 shineflair
・・・・と言ってもいいほどの驚きでした。



ここは、train 新橋駅近くにある delicious 焼き肉屋さん。

notes 恩師のお誘いを受け、
ミーティングを兼ね、こちらへ・・・・・

牛タンの次に出てきたこちら・・・・
ステーキのような厚さの、私の大好きなハラミ lovely
焼いた後は、特製だれに付け、かぶりつき!
肉汁が口の中でお肉と一緒に広がります。

もう、最高~happy02goodshine

そして、特カルビに・・・delicious

ミノに、ウルテ・・・delicious
最後の〆はユッケビビンバと・・・delicious

・・・・・冷麺 delicious

本当は内緒にしておきたいくらいな焼肉 happy02
でも、このshine美味しさは独り占めでなく味わって頂きたいかも!

美食家の大本恭敬先生は本当に美味しい所をご存知です。
美味な食を前に楽しく和やかに話も進み・・・
flairホント・・・・・今夜も感謝、感謝。

「 先生、ご馳走様でしたhappy01! 」

flairあっ! キムチもサラダも絶品でーすっhappy02shineheart04

| | コメント (0)

Voice Trainer's Academy

恩師、大本恭敬氏が学長を務める、
『ヴォイス・トレーナーズ・アカデミー』にお邪魔しました。
http://www.voice-trainer.com/

玄関を入るとすぐに出迎えるのは、大本先生の写真の
大きなパネル・・・

1996年にニューヨークのカーネギーホールで開催された
アカデミーの皆さんのリサイタルの際、準備されたもの・・・・
これ、大きさは私の身長以上あってかなり、カッコいい!

カーネギーで歌えるなんて・・・夢のまた夢。
行けても見学くらいよね・・・なんて、ニューヨークに行く度に
建物を眺めていたから、本当に羨ましい・・・・
先生のやることはひと味もふた味も違います!

さて、奥に入っていくと・・・・

PC画面が、MIYAKOさん・・・
その前でお仕事をしているのも実は、MIYAKOさん・・・
来月のCDデビューの日が近づき、ご招待状やらなにやら、
デスク作業が次から次に・・・忙しそう・・・
でも、ひとつひとつ確実に夢が近づいている気がします。

向かい側でPCとにらめっこなのはAyamiちゃん。
昨日は母校青山学院大学の応援歌を作り同窓祭で披露したとか。
二人がいると、なんとも明るいデスクです!

そして、ドア越しで撮影のこちらは・・・・

アカデミーの生徒さん達が自主練習中。
グループでのオリジナル曲を作り上げています。
これが、とても面白い独自な作品の数々・・・・
思わず聞き入ってしまいました。

アカデミーにお邪魔して私がいつも思うこと・・・

それは、大本先生は歌唱法以上にもっと大切なものを、
伝承していらっしゃるなぁ・・・という事。

人としての心、礼儀礼節・・・
生徒さんの一人一人の様子から、その先生の魂が
伝えられている事が伺え、とても清々しいのです。

歌を志す者、心に歌を伝える者にとって、
それは、一番大事な事である気がします。
私にとっても身が引き締まる、原点に返れるそんな空間です。

| | コメント (0)

まごころの贈り物

静岡は言わずと知れた美味しいお茶の産地。

御殿場にある銘茶 『 小野園 』にはかつて一緒に
仕事をした可愛い後輩が嫁ぎ、若女将として頑張っています。

結婚後は年賀状くらいでほとんど連絡が途絶えていた彼女から
突然の電話!、実は私もつま恋の行き帰りにどうしているかなぁ?
と、今回何度も考えていたので、ビックリ!!!

嬉しい近況報告でした。
そして、今日届いたこちら・・・・・

新しい製品を作ったのでご意見を聞かせて下さい、
との事・・・・と、わざわざサンプルを送ってくれました。

小野園特製 『 お茶うがい 』
声を使う私達にはなんとも嬉しい製品です。

その中には手書きのお手紙。
彼女の優しさが溢れています。
その真心が小野園のお茶の味になっている気がします。

「 倖代さん、どうもありがとう!」

創業明治44年の『 小野園 』
心からホッとする本当に嬉しい素敵な贈り物でした。
http://www.onoen.jp

| | コメント (8)

読売ジャイアンツ優勝!!

3年連続33回目!!
プロ野球 2009年 ペナントレースは、
『 読売巨人軍 』のセ・リーグ制覇となりました。

本拠地東京ドームでは原監督が8回宙に舞いました。

その輪の中にいた巨人選手、左腕の背番号『28』
金刃憲人投手をあらためてご紹介させて下さい。

実は金刃選手は私の高校の後輩。
2006年ドラフト会議で1位で指名された期待される選手です。

その年の暮れ・・・
野球部OB主催の壮行会では司会をさせて頂きました。
会場に詰め掛けた市立尼崎高等学校の仲間やOB、父兄は、
輝かしい活躍を自身の夢に変え、金刃憲人くんを送り出しました。

その後、私は金刃選手の活躍をテレビ取材等をさせて頂き、
昨年の金刃くんの結婚式には司会を務めさせて頂きました。

ご家族の皆さまとはお父様始め、とても仲良くさせて頂いていますが
今季は一緒に観戦の機会がなく少し寂しい思い・・・

そんな訳で・・・今年、私は巨人戦に一度も出かけませんでした。
毎年、年間何十試合かは出かけるのですが、次に観戦する時は
金刃くんが1軍先発で投げる時・・・そう思っていたからです。

金刃くん、今年のいろいろな思いを来期に向けて・・・!
私もいま同じ思いで、戦っています。

後輩、金刃憲人投手に今あえてエールを送ります。

『 金刃くん、優勝おめでとう!
 そして これからも 自分を信じて頑張ってください!!』

| | コメント (2)

『 音魂 』

つま恋限定のオリジナルグッズ・・・
その名も 『 音魂キューピー 』 をおみあげに購入しました。

1974年に開業したつま恋。
その翌年に5万人を超える若者が終結し12時間熱狂した伝説の
『 拓郎&かぐや姫 』のコンサート、それがつま恋の幕開けでした。

このブログトップは3年前の『 拓郎&かぐや姫 』の時の写真。
私のつま恋デビューは、この年でした。

今回の南こうせつさんのコンサートでも日本を代表するアーチストが
たくさん集まりましたが、そんな音楽の歴史を刻む ” つま恋 ”

音楽を愛する者の魂をこのQPちゃんにあやかり共有したい・・・
ちょっぴり、そんな気分です・・・♪

| | コメント (0)

つま恋の朝・・・

感動のコンサートから一夜明け・・・
穏やかな朝を迎えました・・・



つま恋の敷地内『ホテル・サウスウィング』はのんびりとした空間・・・
森の緑に囲まれ、時も空気もホッとした表情・・・

お部屋の窓を開け外へ・・・
BBQも出来そうな広いテラスへ出るとそこはもう別の空間です。

時折、玄関先で聞こえる声・・・
こうせつさんのバックバンドのメンバーの皆さんも一人、また一人・・・
大仕事を成し終えた充実感と笑顔でお部屋を後に・・・



私の出発準備が出来上がった頃・・・

ようやくマミが起床・・・ちょっぴりまだ眠たそう・・・



お部屋にはお奨めのお菓子が・・・
そのネーミングは、もちろん、『 つま恋 』

ホテル内のレストランで朝食兼昼食&おやつ。

よ~く見るとそのテーブルは、グランドピアノの形!

で、もう一つのこちらは、ギターのピックかな!?

さすが、つま恋のホテルです♪
そして、その壁には・・・・



大きなパネルが2枚・・・

『わが国初の大規模野外コンサート拓郎・かぐや姫 IN つま恋1975』
『拓郎 ONE LAST NIGHT in つま恋1985』

音楽の聖地である ” つま恋 ”
その歴史を語る意味深い写真・・・
目にするだけでその興奮と感動が伝わり重みが感じられます。

昨夜の興奮を胸に・・・
こうせつさんは、朝10時にはもうホテルを出られたとか。
おそらく、大分への帰宅への足も弾んでいたことでしょう・・・
それはきっと、ファンの方も同じ・・・

私達も素敵な時間を共有できた充実感と感動と、個人的には、
少しでも” サマーピクニック ”へご協力出来た事への喜びいっぱいで
帰りの新幹線に乗り込みました。

今回いろいろお世話になりました、こうせつさんの事務所の嵐さん
初めスタッフの皆さま、ありがとうございました、お疲れ様でした。

こうせつさん・・・
デビュー40周年、還暦のお祝い、そして記念の”つま恋”の大成功、
本当におめでとうございました。

そして・・・・
たくさんの感動を、本当に本当にありがとうございました!!

| | コメント (2)

『 こうせつさんの熱い一日 』

” サマーピクニック フォーエバー IN つま恋 ”

今年デビュー40周年、還暦を迎える南こうせつさんの
記念の野外ライブに出かけて来ました。

一年前、このライブの為のプロモーションビデオのインタビューアと
して、こうせつさんからお声をかけて頂き、お手伝いしてから、
まだか、まだかとこの日を待ち遠しく過した日々・・・・

ようやくその日がやって来ました。
台風が心配されたお天気・・・・ところが、そんな情報が嘘のように、
” サマーピクニック ” と呼ぶに相応しい雲ひとつない青空が広がる
暑い一日・・・お天気までがこの日をお祝いしているようです。

本番の1時間前に会場に到着!
駆けつけたファンは、いつでもスタンバイOKの盛り上がり・・・

同行して貰った間宮さんは、実はちょっと世代が違う若い年代・・・
でも、快くお付き合いしてくれました。
持つべきものは可愛い後輩です!

午後1時、上がる花火と共に開演・・・
生中継されているとあって、そのあたり、時間は正確に、かな。

きっとテレビをご覧になった方も多いはず・・・・
一曲目から総立ちの会場、赤い還暦ジャケット?で登場の
こうせつさんも快調な唄いだし・・・でも、私はいきなり感極まりそう
な、こうせつさんを見逃してはいませんよ!

4、5曲目だったでしょうか・・・・
『 幼い日に 』、すでにいっぱいいっぱいな、こうせつさんの表情・・・
「頑張ってーーーーーーーー!」 思わず、そう私は叫んでいました!

この日、こうせつさんの為、駆けつけた豪華なアーチストのお仲間。
中でも、松山千春さんは、いつも通り自虐的なギャグを交えながら
観客を沸かせつつも、大事なメッセージを届け・・・、サポート役に
徹しながらもその存在感を見せ付ける最高のパフォーマンスでした。

そして・・・・
最後は『神田川』、アンコール『満天の星』はみんなで大合唱!

終演後・・・・

「 是非参加してね!」とこうせつさんからお誘い頂いていたので、
打ち上げ会にも お言葉に甘えて参加・・・・

イベントに駆けつけたアーチストの皆さんも皆、
その表情は明るく喜びに溢れ輝いて見えます・・・・

その中に、山田雅人さん。 

プロモ制作でご一緒して以来、1年ぶりの再会・・・
” サマピ ”は全部駆けつけているという、こうせつさん大ファンの
山田さんの表情はなんだか、とても誇らしげに見えました。

盛り上がる中、楽しい時間が、そして1日が過ぎていきます・・・

最後、私はこうせつさんに訊ねました。

『 幼い日に 』のときの心境・・・・
はやり、私の思いは当たっていました。 この時、
こうせつさんはこみ上げるものをグッと堪えての歌唱だったと・・・

でも、今回はテレビ中継も入っているから頑張ったと・・・

歌を通して2万人のファンとの心と心のキャッチボール。
” サマピ ”日和の大自然の中で、たくさんの元気と勇気と、愛・・・
感動に満ちた1日は素晴らしい歌声と共に熱く熱く、
その幕を閉じました・・・・

| | コメント (4)

今日は銀座で・・・・

Meeting・・・・・
連休初日の街、歩行者天国はお買い物客でいっぱいです。

そんな中、今日はMIYAKOさんのライブの打合せ・・・
今回、私はサポート役で参加させて頂きます。

お食事を頂きながらのVTRチェック・・・・

オードブルにサラダ・・・、スパゲッティ・・・

そしてお肉と、フルコース・・・・

デザートはチーズケーキと珈琲・・・・

思いがけない豪華なお料理を前に打合せも和やか・・・

もうひとりのサポートメンバーの田中久義さん・・・
言わんとする事が多くを語らずとも伝わるのは、助かります。

あと一ヶ月、
それぞれの気持ちが日に日に高まりひとつに・・・・
素敵なステージになる予感がします。

| | コメント (0)

伝来の” たい焼き ”

ひとくちに 『 たい焼き 』と言っても、
どうやらそれは、それぞれに異なる個性があるらしい・・・

おととい、いただいたこれは・・・・

恵比寿にある 『 たいやき ひいらぎ 』

一見すると濃いめな焼き具合・・・
それもそのはず、なんと30分もかけて表面が焼かれているらしい。
実際驚くほど、パリパリ・・・・で、生地の中は
北海道産小豆100%の使用の自家製餡がぎっしりfish

珍しく、頭からいただかせて頂きました・・・・

で、実は夏にご紹介しようとして忘れていたこちらは・・・

神田にある『 神田達磨 』のたい焼き

たい焼きの周りにはあえて薄皮の羽根を残し、たっぷりの餡と
バランスよく、二つの食感を楽しめるようにしたのだとか。
餡はこちらも北海道産、直火銅釜で炊き上げた、もちろん自家製。
生地のパリパリ感ともっちりの餡子のハーモニーfish

珍しい味わいです。

明治末期誕生の” たい焼き ”・・・今年は百年を数える年だとか。
明治、大正、昭和、平成・・・
長い歴史が、月日と共に姿を変え、さまざまな個性を生み、
今に受け継がれ伝えられているのですね・・・まさに伝来の技です。

このブログでもこれまでにお伝えした”たい焼き”は、
これで4個目・・・その表情はすべて違います。

百年の歴史に心から感謝して、「 いただきます・・・・」

| | コメント (4)

♪ MIYAKOさん

只今、撮影中・・・・

恵比寿にある 『 art cafe Friends 』
大人の雰囲気が漂う ライブハウス・・・・・

ライブがない今夜は静かな空間の中でお食事を頂きました。

美味しいものをいただきながら、延々お話に花が咲きます・・・・



10月21日・・・・ついに、
『 MIYAKO 』は、この場所でメジャーデビュー披露します。
http://ameblo.jp/miyako-creative/
途中、オーナーの鈴木さんも加わって本番当日の打ち合わせ。
プロの目から見た的確なアドバイスを下さり・・・
私の頭の中でも いろいろなシュミレーションが繰り返されます。

帰りがけ・・・・

ご挨拶をさせて頂いた際、 鈴木オーナーは、
「 貴方も歌いなさい・・・。」 と、嬉しい一言・・・・

音楽が結ぶ出会いに夢が広がる、そんな素敵な夜になりました。

| | コメント (0)

ビゴの店

bread ビジュアル的に惚れました・・・heart04

プランタン銀座の地下にある『 ビゴの店 』
兵庫県の芦屋に本店がある bread パンのお店・・・

2005年にはフランス大統領夫人も来店されたと言う、
フィリップ・ビゴさんのパン・・・きっとファンの方も多いはずです lovely

親子ネズミパンはクリーム入り、ハート型は桃が半分も happy02
小さなペストリーは、ハムや胡桃やトマト入り・・・・heart04

それぞれに皆キャラクターが違い、選ぶのに迷いますsweat01
とりあえず今日は、可愛いchickshine・・のコンセプトで選んでみました。

もちろん、お味も Good です goodshine

| | コメント (2)

afternoon meeting

今日の午後は・・・WAKO CAFEで、

オードブルの盛り合わせ、オープンサンド・・・・

ラズベリーとマンゴームースのデザート・・・

う~~~ん、美味・・・

静かな大人の空間で、
大事な打合せも現在順調に進んでいます・・・heart01

| | コメント (0)

旅の供

このところ、週末はbullettrain 新幹線で遠出の旅dash
flair そんな時の楽しみは、その空間で如何に楽しく過すか・・heart04

その日の気分で delicious お弁当を選びます。
これは・・・・・

ご存知、冷めても shine 美味しい『シュウマイ弁当』
熱海までの道のり、なんとなく通りがかりで横浜気分でした。

こちらは、spa 温かい『まい泉のとんかつ弁当』
大丸の地下でいつも出来立てのハーフを買います。
お惣菜屋で海老入りアボカドサラダもつけて・・・

そして・・・・

watch 乗車時間が長い時には cake おやつ・・・
まんまるな 『鉄次のたい焼き』
皮が薄くで餡子がどっさりで美味でした。

それから・・・・・

長岡の bottle 朝日酒造でお土産に買ったおやつ。

酒処で作っただけあって、お酒がしみしみたっぷりのケーキ!
地元の方も自慢気にお奨めしてくれただけあって、
本当に美味しい逸品・・・・goodshine

みんな ticket 旅の楽しみな riceball お供です happy01heart04

| | コメント (0)

合唱交流会 in 長岡

翌日、土曜日は・・・・

朝日酒造の素敵なエントランスホールにて、
地元のコーラスグループとの交流会が開催されました。

私達、ひふみレインボーも含め5団体が参加しての会。
それぞれに個性的で素晴らしい歌唱でした。

朝日酒造の方々も酒つくりの歌を・・・
労働歌の力強い歌声がホールに響き渡りました。

そして・・・・

阿木さんが見守る中、唄っているこのグループには、
長岡市の森市長(右から4番目)も団員の『 兼続合唱団 』
NHKの天地人に合わせて結成された男声合唱団・・・
「愛」と書かれた譜面を手に、迫力ある歌声です。

私達のステージ写真が残念ながら、ないのですが・・・・
ひふみの特徴は何と言っても、歌に華麗な?踊りもあり、
楽譜は見ないので、表情も明るく、元気なこと!
ホールの空気も一瞬にして賑やかに変わった気がします。

交流会のあとは、皆さんと親善の昼食会。
そして、そのあとは・・・・・・・

なんとなんと、帰りの新幹線の時間までカラオケBOXへ。

『 ひふみレインボー 』 は、どこまでも超元気です!

| | コメント (0)

『 FLAMENCO 曽根崎心中 』

「 凄いっ・・・・・・・・!」
最初に拝見した時の衝撃は今でも忘れる事が出来ません。

そんなお二人と、先週金曜日・・・・
ご一緒させて頂いたのは鍵田真由美さんと佐藤浩希さん。
http://www.arte-y-solera.com/index.html

News week 日本版の『世界が尊敬する日本人100人』にも
選ばれているフラメンコダンサー・・・・

いつお会いしても背筋がしゃんと伸びた清々しいお二人です。

出会いは、2001年の初演から再演を重ねている
『 FLAMENCO 曽根崎心中 』

音楽監修である宇崎竜童さん、プロデュースの阿木耀子さんの
密着取材を兼ね、この作品と出会う事になったのですが・・・・

そのあまりにドラマチックで幻想的な表現力と、
力強いメッセージに思わず、涙が溢れていました・・・

近松門左衛門の作品をフラメンコ化するなんて、
おそらく阿木さんにしか考えもつかない事・・・けれど、
鍵田さん、佐藤さんの踊るフラメンコが見事に お初と徳兵衛に
息を吹き込み魂を蘇らせて、まさにその最後、共に死にゆく
二人の恋路は何度見ても涙なくしては見られない程なのです。

とにかく、その感動は言葉では説明出来ない世界・・・・
しかも、このお二人、いやこの四人・・・

私は、阿木さん、宇崎さん、そして鍵田さん、佐藤さん、
その四人だからこそ出来た舞台であると間違いなく思います。

今回はその公演が長岡市の森民夫市長からお誘いで、
初めて新潟での舞台公演が実現し、終演後は客席からの
拍手が鳴り止まず、会場は大きな感動に包まれていました。
 
そして、なんとその打上げ交流会には、
ひふみコーラスのメンバーもご招待下さったのです。

美味しい地元のお料理を頂いた後は、歌でお礼を・・・

すでに新潟の美味しいお酒も入っているので、
皆さん、ノリノリな感じ・・・中でも、阿木さんが一番、だったかな!?

同じ感動を共有しあえたあとの時間は、
何の説明も要らず、心が通い合える気がします。

ともかく・・・・
文化庁芸術祭優秀賞 『 FLAMENCO 曽根崎心中 』

今後、より多くの方々に是非見て頂きたい・・・・
愛の溢れた本当に素晴らしい作品です。

| | コメント (0)

”猪瀬 直樹 東京都副知事”

この週末はちょっぴりバタバタ・・・

その最後は美味しい中華ディナーを頂き、
面白い講演を聞き、充実した時間を過させて頂きました。

2007年から都副知事を務める猪瀬直樹さんのお話は、
肩が凝らずとても興味深いものでどんどん引き込まれていきました。

何故、東京はオリンピック招致に力を注ぐのか・・・
道路公団問題での小泉元首相とのやりとり・・・
官僚主権である日本の未来への苦言。

どれもこれも私達の身近にある問題を、難しい言葉でなく、
お茶の間で語っている口ぶりでお話される猪瀬さんは、
まさに手の届くところにいる民間の代弁者であると感じました。

さらに、お話もそうですが、
その姿勢にも、学ばせて頂くものがありました。

いつも何かしらに疑問を持ち、常に「何故?」と、
目の前の問題を見逃さない洞察力・・・
原動力はその貪婪な探求慾・・・

それらのご自身の感性が、戦う武器である猪瀬さんの
言葉から本物の強さを見た気がしました。

予定の時間は越してのお話だったようですが、
また是非お聞きしたい・・・大変興味深い時間となりました。

| | コメント (0)

『 平和への祈り 』

一枚の写真・・・

ニューヨークのグラウンド・ゼロ近くにある教会に飾られています。

よく見るとバックにうっすら見えるのは、WTCの建物の残骸・・・
その側に小さく、何人もの救助隊の人が見えます。

そして手前の縦十文字の、十字架・・・・
実はこれは、WTCの建物の骨組みの一部です。

同時多発テロ事件で建物のすべてが崩れ落ち壊れた瓦礫の中で
ふと気が付くとこの十字の骨組みはしっかりと十字架の形をし、
地面に突き刺さっていたと言うのです。

十字架は今でも、あの惨劇の現場で再建工事を見守っています。

平和である事を祈る十字架・・・・
犠牲となった方々の叫びが、一つの形になった気がします。

世界を震撼とさせた事件から8年、

世界がひとつになり、愛であふれていますように・・・・
あらためて、そう願わずにはいられません。

| | コメント (2)

『 米国同時多発テロ事件 』

2001年9月11日

忘れてはならない日です・・・
いや、忘れられない日でしょうか・・・・

あの衝撃の「映像」は今でもハッキリと再現できます。

10日後・・・、閉鎖されていた空港が再開され私はテレビ取材の為、
ひとり現地 NYへ・・・生身でその現実と向き合う事となりました。

機内では一睡も出来ず・・・、
けれど、そんな不安な気持ちなどと向き合っている暇もなく、
JFK空港到着後現場WTCへ・・・いきなり被害者へのインタビュー。

そこは、どんな言葉を持ってしてもけして的確に伝えられる事の
出来ない惨い惨状・・・、唖然とした自分を覚えています。

それから毎年、9*11近くにはNYへ・・・

写真は2007年の跡地、『 グラウンド・ゼロ 』
修理して再び元気に再建する事を表す現場です。

多くの方が命を落とす事になったこの事件、
日本人も2番目に多く犠牲者を出しています。

実は、ご遺族からはこの場所を慰霊の場、メモリアルとして残して
ほしいとの声もありましたが、この地域はビジネス街の一等地の為、
NY・NJ港湾局らは、再びこの場所でオフィスビルの再建し、
ビジネスを再開する事を希望したのです。

逞しいアメリカの国民性が伺えます。

現場はいまどれくらい再建が進んでいるのでしょう?

新しく再開する完成予定の2011年・・・
私は再び、その場所に立ち合いたいと思っています。

| | コメント (0)

『 サブウェイ 123 激突 』

ニューヨークの地下鉄でのテロ事件。
やはりどうしてもこの時期に見たい映画でした。

その思いは、正解でした。
何故ならば、この映画は間違いなく、あの『 9*11 』を意識した中で
製作されていると感じるからです。

二大俳優が激突したテロ事件・・・・
かならず、出演作品は鑑賞するファンのデンセル・ワシントンと、
『 グリース 』からずっと見て来ている、ジョン・トラボルタのとの激突。
二人の見ごたえのある演技に目が離せませんでした。

しかも、42丁目やグランドセントラル駅、コニーアイランド・・・
すべて私も地下鉄で行き来した事のある場所なので、
時折、劇中の出来事が生々しく思え、怒りやら悲しみやら、
気持ちの高ぶりを抑えながらの鑑賞でした。

NYでの滞在中は、24時間稼動している地下鉄が便利で毎回
最初にメトロカードを購入して移動しています。けして座り心地は
よくありませんが、昔のように落書きもなくきれいで安全なのです。

実は・・・
今年も本当は今日からNYに行く予定にしていました。
チケットはマイレージで取っていましたが、予定が付かず・・・。
そういう意味ではつかの間、NY気分でしたが・・・・

同時多発テロ事件、韓国テグ市の地下鉄爆破事件、
そして、日本の地下鉄サリン事件・・・
この映画には、そうした凶悪な事件から得た共通する教訓や魂が
込められている・・・そんな気がします。

それらの事件の惨状を現場ですべて体験した私には、
ずっしりと重いメッセージを感じ取る時間になりましたが、
でも、その最後・・・・
NYらしいジョークを交えた会話、家族との約束・・・
何でもない心配りに優しく温かい気持ちになりました。

”人”を感じることの出来る、そんな熱い映画です。

| | コメント (2)

秋風に吹かれ・・・

「スタバ」も maple 季節を思わせる スイーツ・・・

秋風に吹かれ、大切な人に loveletter メッセージを送りたくなりました。

なかなか言えなかった、たった一言
3年越しの言葉・・・・

「 ・・・おめでとう 」

驚くかな・・・・

何よりもその心の変化に驚いているのは自分・・・
移り気な maple 風が優しい心を運んでくれました。

秋ですね・・・・

| | コメント (2)

旅の途中で・・・

旅先で遭遇した感動・・・
いくつかcamera 写真に収めてみました。

往路の新幹線から見た不思議な雲・・・・

山々より下にある雲が重たそうに漂い浮かんでいました。

仙台で宿泊した今年7月にオープンしたばかりのホテル・・・

地元タクシーの運転手さんも見落としそうな入り口・・・

中に入ると目の前に大木の壁・・・圧巻です。
ここかしこに、木の温もりのある空間・・・
お部屋のドアもそうで落ち着きました。

さらに完璧なセキュリティー、そして最上階にある露天風呂。
最高でした。

老舗の阿部蒲鉾。

職人さんがガラス越しの向こうで何やら作業・・・・

お祝いの際の蒲鉾の亀の型を切り抜いていました。
他には鶴や桃・・・

この時代にひとつひとつ手作業とは・・・感動です。

出来たばかりの温かい蒲鉾が振舞われていました。
文字通り、人の温もりを感じる優しいお味・・・美味しいはずです。

商店街で見つけたこちらは・・・・

毛糸のお店。
毛糸だけです。専門店・・・・
凄いなぁ・・・・たぶん、毛糸だけって東京にはないかと・・・・
東北ならではのお店に感動。

そして、こちらは、前回もお伝えした楽天アイス・・・・

よ~~~く見てみたら、ウエハースが、VICTORYの『 V 』でした。
・・・・・たぶん。

そして・・・・・

お目にかかれると不思議と嬉しくなる、野村克也監督。
いつもまわりは誰かしらに囲まれています。

以前、何かの取材で高輪のホテルでお会いしたことがありますが、
独特のオーラと言うか、雰囲気をお持ちです。

旅先での感動は本当にかけがえのないものです・・・・
今回の旅のたくさんの出会いに感謝です。

| | コメント (0)

心の旅

素敵な bullettrain 旅のプレゼント・・・
ここは仙台 baseball 東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地sign01

flair 言えば、やっぱりマー君でしょ happy01heart04

出かけた先週末はお天気が心配でしたが、
なんとか rain 雨は免れ・・・

球場には試合開始前からたくさんの baseball ファンがheart04

目に止まったこれはチームマークの付いたヘルメット。

中にはアイスと bananacherryapple フルーツが・・・



これは、NYのヤンキースタジアムと同じアイデア flair
でも、あっちのはアイスだけだったかな?

グレムリンレッドのお席に徐々に人が集まってきます・・・scissors

shine輝く満月が見守る baseball クリネックススタジアム
でも、sun 日が落ちると、もう上着がないと寒いくらい・・・wobbly

街中にはクライマックスへの期待を伺わせる垂れ幕が scissorsshine

そんな仙台でもうひとつ行っときたいのはflairやっぱり、牛タンdelicious
市内に何店舗もある 『 利久 』

いろいろな牛タンがいただけるセットにしてみましたheart04



厚切りのお肉は柔らかくジューシー、とろとろのタンシチューも
タンのおさしみもハムもつくねも全部美味でしたdelicious

本当に本当にいろいろあった数ヶ月・・・・

幸、そして真理子さん、秋元さん・・・
それから楽天コーチ、池山くんも、ありがとうheart04

友人からのpresent 贈り物の旅は、爽やかな空気と優しい人に触れ、
心を癒し自分を取り戻す、とても素敵な時間となりましたheart01

| | コメント (4)

『 地球よ、』

その壮大なテーマの東儀秀樹さんのコンサートに出かけました。
2009ツアーはバイオリン奏者の古澤巌さんとのコラボレーション。


                                      *** miyako&togi&seiko ***                                

終了後、いつものように楽屋へお邪魔し・・・

「 舞台の東儀さん、凄く大きく見えました!」
生意気にもそう言わせて頂いた感想、それくらい今回の東儀さんは、
新たに進化し充実している今が垣間見られるステージでした。

篳篥に笙、ピアノ、ギターにラップ・・・・
オリジナルに加え、アンコールのSMAPの楽曲まで、
東儀さんのやりたい事のすべてが凝縮されているなぁ、と感じる中に
舞台セットや照明等に至るまで、計算しつくされた演出をさらっと
見せている今昔の雅な世界・・・・

その中で、お誕生日にも駆けつけるくらい仲の良い古澤さんとの
トークは、その信頼関係と音楽の世界でのお互いの尊敬を伺わせる
絶妙な間合いでした。

この日私は、横浜で打ち合わせがあり、今回は見るのは無理・・・
と、諦めていたから、うっかり見落とすとヤバかったかも!と思う程。

いつもの事ながら・・・・
その言葉なき音楽に大切な言葉のメッセージを感じました。
エネルギーをチャージ出来た気がします。
東儀さん、そしてスタッフの皆さま・・・ありがとうございました。

感謝・・・・

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »