« たそがれ | トップページ | 『懐かしの静岡放送』 »

頑張れ、後輩達!!

2009年度 プロ野球日本シリーズ
ジャイアンツとファイターズの決戦は2戦目が終了し、一勝一敗。

良い勝負をしています!
その中でも私の注目は・・・・

可愛い二人の後輩達!!
巨人の金刃憲人投手と日ハムの宮西尚生投手。
(写真中央の金刃くん、その下、Vサインの宮西くん)

そして今夜、ついに夢の対決が実現しました!

札幌ドーム2戦目の7回表に宮西くん、8回裏に金刃くんが、
リリーフ登板し・・・・・

二人とも気合の入ったピッチングで、
ぴしゃり!と相手を危なげなく押さえる活躍をしたのです。

途中、中継アナウンサーが宮西くんの出身校を 『 市立尼崎 』
と紹介すると・・・・・

解説をしていた清原和博さんが・・・

「えっ、市尼ですか!・・・どうりでやんちゃな顔つきだと・・・!」
その瞬間、きっと清原さんの頭には、もう一人の後輩、
池山隆寛くんが浮かんだことでしょう・・・

日本シリーズの素晴らしい夢の大舞台で活躍する後輩達のお陰で
観戦するこちらは幸せを貰っている気分です。

今週、東京ドームに場所を移しての二人の活躍も期待しています!

「 フレ~~! フレ~~! 市尼!!」

|

« たそがれ | トップページ | 『懐かしの静岡放送』 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

嵯峨さん、こんばんわ。

野球の話題にばかり便乗する私。^^;
日本シリーズが始まるといよいよオフが近づいて来たなと
野球ファンには物悲しい季節になりました。

今日はダル投手が気合充分で見応えのある試合でしたね。
1勝1敗で面白味も増して来ました。
内海投手ですが、シーズン中から打線の援護に
あまり恵まれない気がしますね。エラー絡みでの失点もあるし。
微妙にテンポが悪くて野手のリズムを悪くしているのかも?

私のご贔屓の伊代野投手は先日1失点完投勝利を挙げて
独立リーググランドチャンピオンシップ優勝に王手をかけました。
阪神時代は先発なんかやらせて貰えなかったし、
リリーフも殆ど1イニング限定だったのに。
やっぱり阪神のコーチ陣は見る目が無かったのかな。

長くなっちゃいましたが、嵯峨さんの出身校って市尼?
今更ですが、あの市尼?・・・凄いです!
『攻殻機動隊』の士郎正宗さんとか、女優の南果歩さんの母校!
そうかぁ・・・池山さんって市尼だったんだ・・・
ヤクルトのぶんぶん丸ってことくらいしか知らなかったです。
贔屓以外の球団の選手の出身校ってあまり詳しくないですね。
あー!我が阪神はジョージ・マッケンジー(城島健司)が来ます!

投稿: もりしまやちあ | 2009年11月 2日 (月) 01時57分

もりしまさん、おはようございます!
そうです!あの、市尼です!・・・って、どれって感じですが・・・。
清原さんも仰るくらいですから、何か個性的なのか知らん???
加えて、吉本の岡八朗さんも出身です。
岡さんは葬儀の際、私が担当し尼崎に行きました。後輩としてのご縁を感じました。

内海投手に関しては私も同意見・・・
メンタル面もどうかな、って感じですよね。

ますます、面白くなってきた日本シリーズですが、
その反面シーズンの終わりを感じるのは本当に寂しい・・・・
でも、最近は秋キャンプまで伝えてくれるのでなんとか
話題は続いていますが・・・。

阪神は、すでに来季に向けて!ですよね。
城島加入は超ビックニュース、阪神ファンならずとも来年の阪神は注目、今から楽しみですheart

投稿: seiko | 2009年11月 2日 (月) 08時42分

嵯峨さん、こんにちは。

今日から日本シリーズも第2ラウンドですね。
先日の第2戦のダル投手のピッチング、投球術という表現がピッタリでした。よく「悪いなりのピッチング」という言い方をしますよね。
誰にも長いシーズン、不調の日もあるものです。

リリーフと違ってローテが決まっていて調整し易い筈の先発でも
次の登板までに軽い風邪をひくとかマメを潰すとか
アクシデントに見舞われることだって日々ある訳ですから。

そんなときに、いつもより球のキレが悪い、スピードが出ない、思うように投げられない現実をどう乗り切るかをダル投手は見せてくれました。頭を使うことと、気持ちを抑えることが大事だと思うのです。

内海投手のメンタル面について、私は「勝ちたい!」という気持ちと
上原投手の抜けた穴を埋める期待に「応えたい!」という気持ちが強すぎて本来のピッチングを忘れて力んでいるように思います。

私は日本のプロ野球なのだから、エースと4番は国産の選手でと思います。内海投手は敵ながら頑張って欲しい選手の1人なので。
でも人間、頑張り過ぎると何処かに無理が来るものですよ。
余裕の無さは頭の働きを鈍くして、見えるものも見えなくなるから。


贔屓の伊代野投手が今日、独立リーグ日本一になりました。
今のチームに入る前は台湾に渡っていて、台湾プロ球団の兄弟象にいました。八百長疑惑で事情聴取されている、あの兄弟エレファンツです。彼はゴロを打たせて打ち取るのが持ち味の投手で、今のチームでも取ったアウトの7割は内野へのゴロとフライですがエレファンツでは殆んどエラーと内野安打になって失点するパターンでした。

それはあまりにも不自然で、守備の下手なチームだなと呆れていましたが、今思うと、八百長のプレーに巻き込まれてしまっていたのですね。いつも前向きに野球が大好きで頑張っている姿を応援していたので可哀相で残念な思いと同時に、プロとしてあるまじき行為に走ったチームにたった2ヶ月だけとはいえ在籍していたことが、伊代野投手に
マイナスにならなければ良いなと祈るような気持ちです。

すみません、長々と。
もしいつか嵯峨さんとお会い出来ることがあったら野球のお話したいです。野球の話をさせたら書き込み以上に長いですよ、私。
忘れてはいけない、ター坊のお話も勿論いっぱい!

投稿: もりしまやちあ | 2009年11月 3日 (火) 16時29分

もりしまさん、こんばんは!
お返事が遅くなりました!
ゴルフの前後は久々に体を使い体力も気力もダウン・・・
いまようやく充電できた感じです。
野球のお話、興味深く拝見していますよ。
それにしても詳しいですね~!
しかも同感する所が多い!
機会があれば本当に野球談義したいです。
いま、日本シリーズ見ながらのコメント書きしています。
今夜はどちらに軍配かしら?
しばらくは帰宅が早いこの頃ですheart

投稿: seiko | 2009年11月 4日 (水) 19時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« たそがれ | トップページ | 『懐かしの静岡放送』 »