« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

弥生と弥生に・・・

三月二日・・・ 
誕生日が同じ友人とそれぞれのバースディをお祝いしました。

知り合ったのは遥か昔・・・
当時はこんな家族が誕生しているなんて想像もしていない、若き頃。

でも、お互いをお祝い出来る喜び・・・
長い歳月を経た今だからこそなんだか感慨深く・・・

並ぶ手作りのメニュー
食卓には心こもった温かさが溢れ・・・

お祝いに頂いたお花も、華やかに彩られ・・・

パワーを頂けそうなビタミンカラーのお花は
ひふみのコーラスでお世話になってる小堀さんから・・・

忙しい中、お花屋に駆け込み、お気遣い下さった宇崎さん、
阿木さんのスタッフの浅羽さんからは凛とした紫のブーケ・・・

たくさんの優しいお気持ち・・・
また、ひとつ 『 感謝 』 の気持ちが増えました。

   弥生・・・
        ありがとう。

| | コメント (0)

ひふみ、日立へ遠征!

ひふみレインボーは、今日茨城県日立市へ・・・
阿木燿子さんの講演会のあとに歌の披露です。

東京と同じ、この日は日立も冷たい雨が降りしきる一日。
でも、会場には平日にも関わらずぎっしりの温かいお客様が!

今回は先日の発表会で新調した春らしいピンクの衣装で・・・
う~~ん、女っぽさ、アップです!

ひふみもどんどんプロっぽく?なっていきます。

今日は5曲の披露と、最後は地元のコーラスやゴスペルの皆さんと
『 さようならの向う側 』を会場のお客様とも大合唱!

あれこれ語らずとも、歌は人々の心を一瞬にして結びます。

あっという間のステージを終え、
今夜はばたばたと急いで帰路へ・・・・

往路と同じバス・・・
でも、緊張がほぐれた車内は宴会状態です!

名物 『 タコ飯弁当 』を頂きました。

帰りは阿木さんも同乗して・・・
出会えた素敵な縁を感謝して、今日の一日を労うこの瞬間・・・

その笑顔が今日の成果を物語っています。

さて、次はどこへ向かうやら・・・
進化し続けるひふみの旅はどこまでも果てしなく、

・・・・・・・つづく。

嵯峨聖子ホームページ
http://www.sagaseiko.com

| | コメント (0)

ひふみレインボーコーラス発表会 『弥生』

待ちに待った発表会・・・
『 弥生 』 三月、春うらら・・・
温かな春の陽射しで迎えたこの日。

お天気までもがお祝いをしてくれているようです。

ひふみとしては4回目、
そして、私にとっては2回目となる、ひふみの発表会。

目黒パーシモンの会場1200人の客席は、
ひふみを応援して下さる皆様のお陰でチケットは完売状態で
当日を迎えました。

まずは腹ごしらえ・・・
楽屋で頂いたお弁当に『 桜 』、季節を感じます。

リハーサルを終え、いざ本番!
幕が開く前の緊張の一瞬!・・・・でも、思いました・・・

「 私は、このなんとも言えない瞬間が大好きかも!」

心を込めて唄う一曲一曲・・・・アンコールを含め、19曲、
すべて宇崎竜童さんと阿木燿子さんの手がけた楽曲。

最後は会場いっぱいのお客様から鳴り止まぬ大きな拍手・・・
温かい心のキャッチボールが出来た気がします。
このひとときが本当に嬉しい!!
練習の甲斐があったというものです。

でも・・・
今回私ははなかなか練習に参加出来ず、メンバーや事務所の
スタッフの皆さんにもご心配、ご迷惑をおかけしました。
そうした時にも「ひふみ」の皆さんの愛情を感じます。

約2時間のステージ・・・
始まってみると本当にあっという間に終わってしまいます。

さっ、そして打ち上げ!!
阿木さんの美しく輝く笑顔は誰よりも喜びに満ちていると感じます。
でも、きっとたくさんのご苦労・・・本当に感謝の思いです。

言葉では言い尽くせない喜びと快感と達成感と・・・・
そんな時間が共有出来る皆さんがいることに幸せを感じます。



ボイストレーナーのBeBe先生・・・・
このステージでもたくさんのパワーを勇気を与えてくれました。
いつもいつもありがとうございます。

そして、こちらは・・・・

まさに美女と野獣・・・・・・・・・・( ごめんなさい!)
2次会では、男性メンバーが阿木さんに贈り物をする一幕も!

そう!この日はホワイトディだったんですね・・・・
そんな温かい気配りがこちらも見ていて嬉しく、・・・はい、チーズ!

と言う訳で・・・
大盛況のうちにひふみレインボーの発表会は幕を閉じました。

会場には今回のタイトルである『弥生』の歌い手である、
研ナオコさんがお仕事の合間をぬって、駆けつけてくれました。
「最後、うるうるした・・・・」と、感動を阿木さんに伝えていらっしゃる
その目には、光るものがありました。

そして、私の知人、友人・・・
わざわざ忙しい中をお越し頂き、ありがとうございました。

その中に1年前に亡くなったフォーリーブスの青山孝史さんの奥様、
城下めぐみさんとお嬢さんの、憂子ちゃんも・・・。
冒頭のパンフと一緒に撮らせて頂いたお花を届けてくれました。
まだまだ悲しみ癒えぬお二人に少しでも元気がお伝え出来たら・・・
おこがましいですが、そんな思いで精一杯唄わせて頂きました。

この発表会のパンフレットによりますと三月の別称『 弥生 』には
本来再生と言う意味があるそうです。

春・・・・
いろいろな生命の芽吹く、この時季・・・・

私もまた季節に乗り遅れないよう新たな旅立ちをしたいと思います。

**嵯峨聖子ホームページ**
http://www.sagaseiko.com

| | コメント (2)

『和島小学校 校歌発表会 』

3月6日日曜日
根雪の残る新潟県長岡市に出かけました。

昨年よりお約束していた和島小学校校歌の発表会のためです。

作詞作曲は勿論、阿木燿子さんと宇崎竜童さん。
ひふみレインボーの唄う楽曲にある 『良寛さん』が結んで下さった
このご縁・・・・

昨年9月に現地で小学校の児童達に会ってから、
私も再びこの長岡の子供達に会える事を心待ちにしていました。

ヒットメーカーのお二人が作る校歌は今までにない斬新な演出に。

なんと、途中クラシックの 『威風堂々』が入り、子供達と先生、
あるいは父兄の方々とが歌でコラボレーション出来る構成に
なっているのです。

会場に集まった約500人全員の大合唱!!
子供達のあとに父兄が続き、私達も参加し・・・・

純真でまっすぐで元気なその児童の歌声・・・・

この数ヶ月、子供達は何度となく練習を積み重ねたことでしょう。
体を揺らしリズムを取りながら唄う児童を目にした瞬間、
私はもう感動で涙が溢れてきました・・・・

その歌詞の中には子供達の夢や想いも刻まれています。

「流行歌と異なり、この先学校がある限り、100年も200年も
 歌い継がれる校歌を作らせて頂いた事をありがたく思います!」
宇崎さんの言葉にあるように、それは流行り歌とは違った喜びです。

そんな記念すべき歴史残る瞬間に立ち合わせて頂き、
子供達と一緒に唄えた事は私にとっても幸せな時間でした。

良寛様の教えの残る和島小学校・・・

雪解けの頃、小学校開校以来の今年始めてとなる卒業生が
この真新しい校歌を誇らしげに唄う姿が目に浮かぶようです。

**嵯峨聖子ホームページ**
http://www.sagaseiko.com

| | コメント (2)

祝!誕生日!HP開設!

本日、三月二日・・・
皆様のお陰で、無事・・・
お誕生日を迎えさせて頂きました。

そして・・・
大安の記念日にあわせHPを開設させて頂く事となりました。

私が歩んできた轍・・・
たくさんの皆様に支えられてきたこれまでをご紹介させて
頂きつつ、また新たな一歩を踏み出していこうと思います。

**嵯峨聖子ホームページ**
http://www.sagaseiko.com/

開設に当たりましてお忙しい中、ご尽力頂きました、
小宮路さんには、本当に心から感謝の思いです。

ありがとうございました。

そして・・・
もう一つ、今年は新たな挑戦をさせて頂く予定でいます。
追ってまたご紹介させて頂きますね。

嵯峨聖子を・・・

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

| | コメント (17)

Birthday eve・・・

嬉しいサプライズ! 

忙しいランチの合間にわざわざシェフが・・・!!

優しい心使いと素敵な仲間の皆さんに感謝です。

『 トラットリア ラーチェロ 』 の中川シェフ、そして伊藤さん・・・
http://ggyao.usen.com/0004105230/ 
温かいお気持ち、本当に嬉しい・・・、有難うございました。

明日は私のバースディ・・・

嵯峨聖子のホームページが新たに誕生します heart

| | コメント (5)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »