« 絶品天丼! | トップページ | 噂のマーガリン! »

『 戦火に散った野球選手 』

役者であり、タレントである山田雅人さんの語り・・・

360度お客様が囲むその舞台の真ん中に山田さんがひとり・・・
今年4回目となる今回は青山の円形ホールで行われました。

今回の語りは・・・

戦火に散ったプロ野球選手。

渡辺静さん(享年22)沢村栄治さん(享年27)石丸進一さん(享年22)

いずれも20代、若くして夢半ばで人生を終えた選手の皆さん。
戦争という時代に生まれ、どうしようもない運命の中、
最後の最後まで野球を愛し、夢を追いかけた野球選手の実話。

巨人軍の永久欠番『14』が沢村選手である事は知っていましたが、
その沢村選手が、どれほどまでに野球を愛し、どんな思いで戦場へ
出向いたのか、そして、野球選手にとって最高の栄誉である
『沢村賞』は何故生まれたのか?

今回の山田さんの語りで初めて知りました。

そして・・・

それらの話を取材し、演出し語る山田さん・・・
重いテーマである今回もまた素晴らしい語りでした。

野球を愛しながらも、その夢と共に人生までも儚く散った選手。
そんな時代だった・・・と言えばそれまでですが、
私は何故か、申し訳ない気持ちと平和である今、野球を楽しく
観戦させて頂いていることに感謝の気持ちでいっぱいになり、
涙が溢れてきました。

「 こうした選手達がいたからこそ、今、野球がある!」

そして、この時代に生き、戦争を知らない私達もまた、
語り継いで行かなければならない運命にあることを思いました。

野球は世界に誇る本当に素晴らしいスポーツです。

いま活躍する現役選手の皆さんもユニフォームを着ていることの
誇りと名誉を胸にもっと大きな希望を抱き戦ってほしいと思います。

そのことを知るためにも、もっともっと、多くの人に山田さんの語りを
聞いて頂き、そこに生きた球史に残る選ばれし野球選手の人生を
知ってほしいと思いました。

次回は10月16日17日。
有楽町のイマジンスタジオで行われます。

もう野球もいよいよ終盤のシリーズを迎える頃・・・
なんと、次回は、『 芸術祭 参加作品 』になったそうです。

また、愛すべき野球の歴史に触れるべくかならず、
聞かせて頂こうと思っています。

さて・・・

そんな素晴らしい時間を過した後は、
共に出かけた後輩で、なんと山田さんとはお誕生日も同じで、
山田さんと同じ阪神ファンのマミと・・・

間宮久美子お奨め!の銀座のカレー屋さんに!

大好きなタンドリーチキンも!

バテ気味な夏にはグッとなチョイスです!

野球のこと、語るという仕事のこと・・・
スパイシーなカレーに舌鼓を打ちながら、
熱く熱く語リ合う夜が過ぎてゆきました・・・・・・・・・・・・・・・

嵯峨聖子ホームページ
http://www.sagaseiko.com

|

« 絶品天丼! | トップページ | 噂のマーガリン! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 絶品天丼! | トップページ | 噂のマーガリン! »