« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

『 山田さんの語り 』

南こうせつさんが結ぶご縁で、お目にかかる機会があり
お世話になっている、タレントの山田雅人さん。

いま語りの世界を追求し、極めつつある山田さんと、
「一度ゆっくり・・・!」のお約束がようやく実現し、
その語りの裏話などじっくりお話を伺わせて頂きました。



同じくものを言葉で伝えるリポーターとしては、
山田さんの魂の込められた語りの世界は、
そこに至るまでの過程が非常に興味があります。

けれど・・・
やはり想像以上のご苦労があるようです。
でも好きだからこそ出来るんですよね、
ますます、引き込まれていきそう・・・

最近は 「語り」で各被災地も周り・・・
多くの人とコミュニケーションを取っていらっしゃるとか・・・

次回東京では、8月5日日本橋の三井ホールで行われます。
言わずと知れた野球好きの徳光和夫がゲストです。
山田さん、秋にはこの「語り」で芸術祭にも参加されるようです。
まずは是非一度、魂の語りをライブで!

心と心のキャッチボールが、かならず出来るはずです。

************************************************

「かたり」と「笑い」のプロ野球

8月5日金曜日  日本橋三井ホール
 (開場18:00 開演19:00)
ちけっとぽーと 03-5561-9001 

| | コメント (0)

『スーパーエース対決!』

プロ野球は前半の折りかえり・・・
夢の球宴前、ここ一番の興味深い観戦となったゲーム。

” マー君 VS ダルビッシュ”

東京ドームでの日本ハムファイターズの試合だったので、
気になる後輩の”宮西尚生投手”の活躍を・・・!と、ばかり、
今回もまたお姉さんの麻衣さんと一緒にドームで観戦しました。

平日だと言うのに、満席に近い観客席。
さすが、エース対決の醍醐味・・・

これまでの成績は互いに14試合で、2敗。
勝ち数はダルビッシュが3つ多いものの防御率ではマー君のが上。

もちろんお互いに負けられないゲーム・・・
一球一球、常に真剣勝負で笑みのひとつもこぼれない二人の投手。
その対決を知ってか、野手も一切、手を抜く瞬間のない・・・
それぞれの表情のひとつひとつまで見ごたえのあるゲームでした。

結果は・・・
ご存知の通り、先輩格のダルビッシュ投手、日ハムの勝利。
でも、気迫ではどちらも負けていない、いいゲームでした。

気が付けば・・・

まだ8時半にもならず・・・
投手戦の為、早々に試合は終了。
我が後輩の宮西投手の出番はまたしてもなく・・・

勝って嬉しいやら、寂しいやら・・・
まっ、楽しみはあとに残しておこう。

そういえば・・・
試合前のセレモニーで姿を見せていた斉藤祐樹投手。
マー君対決はいつになるんだろう?

プロ野球、まだまだ後半も楽しみです。


嵯峨聖子ホームページ
http://www.sagaseiko.com

| | コメント (0)

レコーディング。

福岡でレコーディング・・・・
ブースに入るのっていったい何時ぶり???

先日、ひふみレインボーの大勢ではあったけど、一人では・・・
30代の前半のデュエットのとき以来?!

忘れていた感覚を徐々に思い出しつつ・・・

ヘッドホーンから聞こえる自分の声を聴くのも なんだか、
すごく懐かしい感じ・・・

「こんな瞬間って緊張するんだったっけ?!」
自分との対話もどこか、楽しみながら・・・
けど、緊張感なく、楽しかった。 なんだろう・・・昔と違う感覚。

今は、歌う事が本当に楽しい・・・
複数のスタッフの方々がひとつになり、何かを作ると言うことが、
どんなにか貴重で素敵な事であるか、今は充分わかっているから。

そのプロジェクトの中で”歌い手”として、自分がいることは、
何よりもの喜び・・・

詳しくご報告出来る時がきたら、またお知らせさせて下さいね!

スタッフの皆様、お疲れさまでした。
突然、こんな機会を与えて頂いて心から感謝。
有難うございました。

嵯峨聖子ホームページ
http://www.sagaseiko.com

| | コメント (0)

真理子さんと。

ボランティアで出かけた宮城県の被災地、
東松島市には真理子さんが、駆けつけてくれました!

顔を見るや否や、号泣してしまった、私・・・

仙台市若林区に住む真理子さん。
震災後、3日間音信不通で、「もうダメか・・・」と、
一時は諦め掛けたけど・・・

ザ・バーズ時代の子供の頃からの私を知る真理子さん、
この日も立場は逆転! 励まされているのは私でした。

でも、本当に元気で良かった。
出会えるって、奇跡ですね。再び出会えたこの時間は
今までになくかけがえのない愛おしい時間に思えました。
真理子さんのことは、仲間のみんなが心配していたから、
元気な真理子さんの写真を見てもらいたい!

真理子さん、ありがとう!
ありがとう! 生きていてくれて・・・

| | コメント (0)

「はじめまちて、隼希でちゅ!」

週末はボランティアで 岩手、宮城の被災地へ。

震災当日、盛岡で被災し避難場所へ逃げたという、
後輩、間宮さんの妹の三紗子ちゃんが、釜石市まで
駆けつけてくれました。

遠路はるばる一緒に来てくれたのは 隼希(しゅんき)くん!
誕生してまだ一ヶ月で彼は避難所生活を味わうことに。
きっと大きくなったらもう覚えてないかな・・・

・・・でも、それがいいのかも。

だけど、生後5ヶ月目に聖子お姉さん(?)に
出会った事は覚えていてね!

こんな中で生まれ育つ隼希くんは、間違いなく強く、
次の世代に生き抜く逞しい男子に成長していくことでしょう。

三紗子ちゃん、有難うね!
これからも大変な事があると思うけど頑張ってね! 
でも、ご主人様が優しそうで何より・・・良かったぁ。
こんなときだから、優しさが言葉以上に心を結びます。

さて、と・・・あとは!
隼希くんは、どっちを選ぶかな!野球か、サッカーか!?

もしもサッカーの場合は、
聖子お姉さんが ”高校サッカーの歌” 唄ってあげるからね!!!

| | コメント (0)

しっとり・・・お昼。

大阪で・・・
無性に揚げ物が食べたくて。

ホテルで和食。

先付けもお刺身もついて・・・

メインの天ぷらは季節野菜も。

デザートは爽やかな器に盛られた抹茶アイスと、夏の果物。

これで なんと1500円。
ロケーションも最高の空間で、のんびりとランチ。
しっとりとした空間で落ち着いてお昼が頂けました。

一仕事終えた後だから、なんだか嬉しい。
この時間に、感謝。

| | コメント (0)

秀吉の辞世の句

いつかは行ってみたいと思っていた、
大阪、読売テレビともほど近い”大阪城”へ・・・



天守閣にたどり着くまでのお堀・・・
それだけでも我が城を守る主の力を感じざるを得ない雰囲気。

姫路城、熊本城と共に日本三名城のひとつに数えられる大阪城。

時代と風格を感じつつ、さらに探訪。

戦国時代の面影・・・

1583年、天正11年、豊臣秀吉が築城を開始。
現在は再建されたものとはいえ、大阪の象徴としてそびえ立つ城。

考えられない度々の時代と時を経ても今この時代に物言う、大阪城
天下統一の夢を果し、城を築きこの世にその名を残した豊臣秀吉。

それでも・・・
思うままに生き、貧しい農民から天下の覇者に上り詰めた秀吉の
最期に残した句はあまりにも意外でしばらく、この言葉の前から
離れられなくなってしまいました。

「 露とおち 露と消えにし 吾が身かな
                 浪速のことも 夢のまた夢 」

露の如く消えてゆく、ほんの一瞬・・・
夢の中で夢を見ているような、人生なんて儚いもの。

今に繋がる深い深いメッセージ・・・
時を超え、秀吉の言葉が心に突き刺さっていました。

嵯峨聖子ホームページ
http://www.sagaseiko.com

| | コメント (0)

いざ、”す・またん!”へ。

東京で取材の後・・・
今月も大阪へ。 今回、新幹線は品川から乗車・・・

新しくなった品川駅は構内が広く・・・
美味しそうなお弁当売り場もたくさん!

朝食兼昼食は、洋食弁当のお弁当にデザートを。

翌朝・・・
午前7時半には生本番を終え、いったんホテルへ。

今回はゆっくりと、ホテルステイ・・・

ホテル内にある、大浴場もサウナも利用し・・・
リラックスさせて頂きました。

さて、このあとは・・・・
帰路につく前にしばし、大阪の歴史に触れてみます!

| | コメント (0)

イメチェン!

パーマをかけました。 
すごく久々に・・・!

美容院に行く前にはまったく予定していなかったこと・・・
急遽、担当の山田さんと相談して。
前髪もたっぷり短く。

まっ・・・

気分を変えたいわけですね。
本当はショートにでもしたい気分でしたが・・・

夏。

久々のソバージュっぽいパーマっ!
うん、実は、一番私らしいかも。

| | コメント (1)

北のワイドショー。

札幌では、春から始まったUHB午後の新番組、
『U型テレビ』でMCを務め頑張っていらっしゃる、
大村正樹さんを訪ね、スタジオ見学をさせて頂きました。

社屋には大きな宣伝看板。
社運をかけた期待が伺えます。

大村さんとは現場でお会いするくらいでしたが、この番組でも
これまでの経験を生かし、司会者として 軽妙なトークで番組を
回している様子。スタッフの皆様も明るく、いい雰囲気。
かっての仲間としても大いに刺激を受けました。

UHBからも程近いところにある、こちらは STV 『どさんこワイド』
北と南・・・『めんたいワイド』とは、兄弟みたいなネーミング。

札幌の午後のワイドショーとしては老舗です。
以前、大通公園で生中継していたときに遭遇した際は、
「あぁぁ~~~、こんな中継やってみた~い!」と、思ったことが・・・
和やかで温かい番組。

北と南・・・

午後のワイドショー、福岡も頑張ります。

嵯峨聖子ホームページ
http://www.sagaseiko.com

| | コメント (0)

『 ラベンダーファーム 』

夏に一度は行ってみたかった北海道、富良野のラベンダー畑。

ようやく願いが叶いました!

でも・・・

今年は少し開花が遅いとか。

私が行った頃は、まだ早咲が少し色づくほど・・・

でも、夏の陽射しを浴びて咲いた色とりどりの花々がお出迎え。

畑の向こうの十勝岳連峰、まだ雪が残る大雪山は、くっきりと・・・

雄大な景色を眺めながらの”ラベンダーソフトクリーム”は格別。

しっかり、ラベンダーの香りと味?が・・・以外にも超美味でした。

ラベンダーで有名な『富田ファーム』の歴史は以外にも長く・・・

明治時代、1903年から。

少し陽が傾きかけた頃、畑には、お花のお世話をする方々が・・・

のんびり、歩いて園内一周・・・、最後に富良野メロンを頂きました。

シーズン中は大勢の人が訪れるラベンダー畑。

これまで、きっとたくさんの人の心を癒してきたことでしょう。

私の心も不思議と落ち着いた気がします。

大自然の中に身をおくと、自分の小ささを実感する・・・

      この景色を知っているって、本当に大事。

           北海道って・・・・

                  やっぱり、

                       スゴイなぁ・・・・・。

| | コメント (0)

『 大空と大地 』

”美瑛”に到着。

丘の町をバスで回りました。

どこまでも広い空・・・

絵葉書のようなロケーション。

限りない青い空と大地の緑、そしてアクセントの真っ白な雲・・・

パッチワークの路を走ると・・・

CMやドラマの舞台になった名所も・・・

”ケンとメリーの木”

1972年、日産のCMに登場した「ケンとメリーのスカイライン」

その名前から付いた、ポプラの木。

CMソングは今でも口ずさめます、ちょっぴり感動!

お天気にも恵まれて・・・

遠くの山並みもくっきり眺められ、空気も美味しい~!

北海道のど真ん中の雄大な自然の景色・・・

言葉なく、圧巻です。

| | コメント (2)

列車にゆられ・・・

旅に出ました。

梅雨のない北海道は一足早く、夏の装い・・・

この時季 活躍の列車、特急フラノラベンダーエクスプレス。

リゾート車両は窓が広く、天井まで広がる視界・・・

夏の陽射しがちょっぴり、いやっ、かなり眩しくて日焼けしそう!

2時間ほどで 富良野到着!

早起きして、札幌を出たから、まだお昼前。

この時季に一度来てみたかった、富良野。

以前はクリスマスのディナーショーのお仕事だったから・・・

あれから、もう何十年?!

7月には、”北海へそ祭り”が行われます。

ここは、北海道のおへそに当たる場所だとか・・・

乗り継ぎの列車待ちの時間に、ランチ!

いま富良野で流行っている”富良野オムカレー”

国民食のカレーとオムライスの合体。

新カテゴリーのご当地グルメのお店が10数件立ち並んでいます。

ランチを急いですませた私を待っていたのは、ノロッコ号。

その名の通り、のんびり走ります・・・

1号車には、石炭ストーブ!

冬の季節には大活躍ですね。

走り出した列車は、窓ガラスがなく吹き抜け・・・

心地よい風を感じながら、頂く ”ふらの牛乳”

今までに飲んだことのない、最高に美味しい牛乳でした!

車中からの雄大な眺めをアシストして下さった、美しい案内役・・・

優しい微笑みもノロッコ号の楽しさを倍増させました。

ここからの旅のアドバイスも頂き、

ワクワクしながら、1時間・・・

列車は、のんびり、”美瑛”まで・・・。

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »