« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

『 ワン・デイ 』

たった一日・・・・

   この上なく幸せと感じた一日。
      これ以上の哀しさはないと感じる一日。

そんな ”一日”が誰にでもありますよね・・・

映画『ワン・デイ』は、
一年の中のそんな一日を23年に渡って描いた物語。

自分自身のこれまでの”一日”を思い描き、
スクリーン中の男女と重ねてみました。

それが楽しい事ばかりでなく、どんなに辛い事でも、
素直に受け止めていきたい・・・・

一日で運命が変わってしまうこともあるのだから・・・
最近、私にもそんなシーンがあったばかり・・・
・・・・貴重なメッセージを受け取りました。

     たった一日・・・
          されど一日・・・

       ・・・だから、どんな日も大切に。

                    その”一日”を。

嵯峨聖子ホームページ
http://www.sagaseiko.com

| | コメント (0)

肉食。

「今宵はお肉!」とばかり・・・
          銀座の焼肉屋さんへ。

気が付けば・・・
     久しぶりの焼肉。

梅雨の時季・・・
なんとなく、気分が落ち気味なことと、日々のあれこれで・・・
体力も精神力も落ち気味!?
なので、ガッツリいっときました!

同席したのは肉好きの後輩、マミこと、間宮さんと。
私的には、知人との御飯も結構久しぶりかも・・・


仕事のこと、プライベートのこと・・・
あれこれ、話し・・・・・この日開店と同時に入店したのに、
気が付けば、閉店時間!!!

今回は主に私の話がメインで、マミは聞き役だったかな?!
毎日、本当にいろんなことがあります。 そして、
これからも、まだまだ困難なことが待ち受けているのかな・・・
でも、こうして寛げる時間がある幸せ・・・

今ある日々に、感謝。
心にも”体力”付けて、頑張りますっ。

嵯峨聖子ホームページ
http://www.sagaseiko.com

| | コメント (0)

『 嫁入り道具 』

今では、見るのも珍しくなった、”足踏みミシン”

レトロ感漂う、凛とした美しい姿・・・
このミシンと共に私は大人になりました。

物心付いた時には、我が家の片隅に佇んでいた、このミシン。
洋裁師だった母の”嫁入り”の際に一緒に嫁いで来たのです。

子供の頃・・・
母の手作りの洋服ばかり着せられていた、私・・・

お友達と同じ既製品のお洋服が着たくて着たくて、
内心、不満にも思っていた、あの頃・・・

けれど、いつの頃からか、
ミシンで小物を作るのが、私の楽しみにもなり・・・

手作りのお洋服を着せられていた自分がどんなに幸せだったか、
後になって思い知る大人になった日々・・・

どんどん便利になっていくミシンがある中、
やはり足踏み式でないと、どうも使い勝手が違うと感じる、私・・・

気が付けば『 嵯峨家 』の大切な宝物。
本当に貴重な、ミシン・・・

今週、また母に連れ添い”お引越し”しました。

1年ほど前から急速に体調に変化が現れた、母・・・

娘の私の事は、もう分からなくなっているのかな・・・
でも、苦楽を共にしたミシンの事はどうやら分っているみたい。
お部屋に届けられた足踏みミシンを愛情深げに眺めています。


   私にとっても想い出深い・・・
        大切な、大切な母の『嫁入り道具』です。

| | コメント (2)

旅空の夢。

一時間半の空の旅・・・

移動の時間、一人でどう過ごすのか、
毎回あれこれ考えるのは、嫌いでない私・・・

今回は、本を2冊持ち込みました!

ジャイアンツとファイターズでプロの投手として活躍する
高校の後輩達のプロフィールを眺めつつ・・・

溜まったマイレージで今秋には久々に訪れたい、
ニューヨークのガイドブック!

旅の空は、夢めぐらすひとときです・・・

嵯峨聖子ホームページ
http://www.sagaseiko.com

| | コメント (0)

雲の波間に・・・

雨はお好きですか?

雨が降ると何故か私は、一日憂鬱・・・
昔から、ずっと・・・

だけど、こんな梅雨の時季でも・・・

厚い雲の上は・・・
しっかりと光射しているんですよね。

貴重な”光”に、ホッと癒されます。 ・・・感謝。

| | コメント (0)

まんまる!

大阪での取材は、天満橋の「帝国ホテル大阪」で。
平成になってからの創業で比較的新しく、ここは初めて!

『す・またん!』の大阪での取材も初!
 
新幹線で東京から移動・・・
現場でのクルーとの待ち合わせまで時間があったので
しばし、お茶にしました。

砂時計の砂が落ちるまで・・・・・・・・
こんな時間が貴重だと感じるひととき。

ホテル特製パンケーキを頂きました。

なんと!!!
つるんときめ細やかでまん丸なパンケーキ!
「見るからに美味しそう!」

まさに もち肌で もちもちな舌触り!
ボリュームありそうでも、しっとりした食感で立派に完食。

海外からのパンケーキも日本に上陸のこの頃・・・
シンプルですが、ここも有りかな!

静かな佇まいでのんびり出来る、ホテル・・・
なかなか素敵な空間、おススメです。

嵯峨聖子ホームページ
http://www.sagaseiko.com

| | コメント (1)

『ベストファザー in 関西』

2012年度の『 ベスト・ファザー in 関西 』の
授賞式の取材に行きました。

関西バージョンのベストファーザーの授賞式があったんですね!
今年で第6回だそうです。

そして、今年は文化部門に、なんとなんと、
『す・またん!』の司会者、”辛坊治郎さん”が選ばれ式典に登場!

広い式典会場も・・・




開始時刻には人で埋め尽くされ・・・
その中、レッドカーペートを颯爽と・・・
・・・ではなく、テレながら?入場された辛坊さん!

お世話になっている番組のMCさんの喜びのシーンですから、
実況する私までも、なんだか嬉しい!!!

3人のお子様には、背中で存在感を伝えられる父親像が
理想だそうですが、休日には自らが食卓に立つ事もあるとか。
そう言えば、以前スパゲッティのレシピを教えて頂いたことが・・・

「辛坊さん、おめでとうございます!
 これからも益々素敵なお父様で・・・
 そして番組MCの素敵な顔でいて下さること願っています!」

嵯峨聖子ホームページ
http://www.sagaseiko.com

| | コメント (0)

”コチハルちゃん”

福岡滞在中・・・
ちょうど、松山千春さんのコンサートが公演されていました。

マネージャーの井上さんから たくさんのグッズを頂きました!
キャラクターは、”コチハル”と言うんだそうです。

早速、携帯電話にストラップを付けました!

”コチハル”ちゃんと一緒に、可愛い女の子も。
「HappyBirthday!」のメッセージも一緒に・・・

日々、ここから始まるストーリー。
毎日が新しい人生のスタート・・・
「HappyBirthday!」

  ・・・人生
        「・・・ ゆっくり 」 頑張ります。

嵯峨聖子
http://www.sagaseiko.com

| | コメント (2)

『セーラ・ロウエルさんを偲ぶ』

毎日新聞webサイト『風のあしあと』

嵯峨聖子の”言の葉おくりびと”
     あの人を偲ぶコーナー今月は、
         モデルの”セーラ・ロウエルさん”です。
         http://www.kazenoashiato.jp/

一年前の6月・・・
あまりにも突然に届いたセーラさんの訃報。

晩年人知れず、病魔と闘い続けていたセーラさん・・・

しかし、常に温かい愛に包まれ、
どんなシーンでも笑顔で過ごしていたというセーラさん・・・

その稀に外見の美しさ以上に美しい心を持ったセーラさんを
最期まで見守り続けたご主人にお話を伺いました。

モデルとして、女優として、お茶の間でも親しまれたセーラさんの
その美しい記憶と共にどうぞ、素敵なエピソードに触れて下さい。

『風のあしあと 嵯峨聖子の言の葉おくりびと』
           著名人のあの人を偲ぶコーナー
http://www.kazenoashiato.jp

嵯峨聖子ホームページ
http://sagaseiko.com

| | コメント (0)

三度目のきんぎょ。

この週末はのんびり福岡で・・・
日曜日は、これで3度目の来訪となる ”きんぎょ”へ。

分かっていても、テンションが上がるこれ!
プチトマトの”きんぎょ”!「・・・・カワイイ~!」

メインは、「しゃぶしゃぶ」にしました!

「タレ」ではなく、「だし」で頂く、しゃぶしゃぶ。

ホッとする、優しいお出汁です。
なんでもない、にぎりめし。これまた、美味しい。

福岡に住む従姉妹と久々に・・・
親戚は気を使わなくてもいいから(・・・ごめん!)、
ホッと、落ち着きますっ。

最初はコロムビアレコードの宣伝マンと前回はリポーターの
石川敏男さんとの取材ロケで訪れていたこともあり、
デザートはお店の方から、「サービスです!」と頂きました! 
「・・・・嬉しい~!」

ここは、本当に雰囲気も良くて、お食事は美味しいし・・・
可愛くて素敵なお店です。
おまけに・・・

店員さんも皆、美女揃いなんですよっ。
福岡のお奨めのお店です、一度是非!

*************************************************

『 きんぎょ 』
092-771-9611

| | コメント (0)

”韓・日 フェスティバル!”

福岡でのイベントに参加させて頂きました!

”韓・日ハンマウムフェスティバルin Fukuoka”
場所は福岡市役所前のふれあい広場・・・

広場には所狭しと韓国と日本の物産が出品されているテントが!

その一角に、ステージが設けられ・・・
「歌手 嵯峨聖子」 として、歌を唄わせて頂きました!

唄わせて頂いた楽曲は・・・
ロス・インディオス時代の『別れても好きな人』と、
『恋のドーリームライン』

今回は、『恋のドーリームライン』の製作者で、
福岡ではお馴染みのアーチスト、オオガタミヅオさんとステージを
ご一緒させて頂きました。

無事ステージを終えたあとは早速CDを買い求めて下さる方も!
・・・で、急遽、サイン会! 

「テンポが良くっていい歌だね~!」
嬉しい反応を頂き、感激です!

オオガタさんは、デュオ「HARU」としても、
福岡を拠点に活躍されています。

南米の音楽を取り入れた独自のスタイルは、
比類なき「HARU」の世界感を感じる音楽・・・
はるさんの奏でる、優しい”ケーナ”の調べは、
ロス・イン時代には毎日のように聞いていたので、
なんだか懐かしい記憶が蘇ってきました。

音楽の出会いは人の心と心を繋ぎますね。

日本と韓国を結ぶ楽しい祭典・・・
訪れた皆様とは心通い合わせた幸せなひと時となりました。
感謝。

嵯峨聖子ホームページ
http://www.sagaseiko.com

| | コメント (0)

『某月某日某所』

2012年・・・

           某月・・・

               某日・・・

                       某所。

                      ・・・・・・・・・。

| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »