« 『万十屋』 | トップページ | 「しろくま」 »

桜島へ!

鹿児島2日目。

鹿児島読売テレビの小湊社長にお心遣い頂き、
お忙しい中、公私に渡りお付き合い頂きました。

サンミュージックの相澤社長と共に
鹿児島の民放各社様へのご挨拶。

Cimg0406_2

そして・・・

Cimg0326


合間の時間には・・・
なんと、フェリーで海を渡り桜島へ。

Cimg0323

車ごと、船に乗ります。

Cimg0405

子供の頃、中国四国地方にに住んでいた時は、
このタイプのフェリーに何度か乗ったことが・・・
懐かしい記憶です。

Cimg0335

15分ほどで到着するとそこはもう桜島。

あいにくの曇り空・・・
向こう側は鹿児島市内、
低く垂れ込めた厚い雲が眼下の街を覆っています。

Cimg0340

車で行ける湯之平展望所。
標高373m。東京タワーより高い!

Cimg0339

小湊社長と相澤社長は山頂へ・・・?!
足元には噴火口の写真がありました。

Cimg0346

活火山の桜島・・・
アスファルトの足元には、波のように広がる黒い砂!
噴火の灰のあとです。スゴイなぁ~~~、
毎日のようにこの灰を見ることになる鹿児島・・・
桜島の機嫌を覗い噴煙の中での生活は大変そうです。

さて・・・

Cimg0350_2

再び、桜島港へ。

桜島を後にしつつ思う事・・・
意外なことに、島にはごく普通に民家があり、
そこで営む店や人々がたくさんいました。

何でしょう・・・
そうした中で生活する人、その土地を守ろうとする人達が
羨ましいとさえ思う。桜島を誇りに思うからこその生き方。
九州人だからという以上に敬意をも感じるひとときでした。

Cimg0380

また、いつかここを訪れることがあるでしようか・・・
今後は桜島の全景が眺められる日に、是非!

Cimg0353

桜島を取り巻く錦江湾。
穏やかな海の波間が、雄大な景色と共に、
訪れた人々の心の憂さまでをも取り持つようです。

「 小湊社長、
 お忙しい中、お世話を頂きまして有難うございました」

お仕事の合間に・・・
つかの間、自然の雄大さに抱かれ癒された、
貴重な時間でした。

感謝。

嵯峨聖子ホームページ
http://www.sagaseiko.com

サンミュージックプロダックション
http://www.sunmusic.org/

|

« 『万十屋』 | トップページ | 「しろくま」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『万十屋』 | トップページ | 「しろくま」 »