« 「川下り」 | トップページ | 「うなぎのせいろ蒸し」 »

”さげもん”

”さげもん”の雛飾り

Cimg7079

初節句に”さげもん”飾りを贈る柳川での風習・・・
江戸末期に始まったと言われているそうです。

Cimg7088

女の赤ちゃんが元気で丈夫に、そして、
一生幸せに育ってほしいという願いを込めて、
祖母や母親、親戚が着物の端布やふとんの残りを
利用して様々な縁起物を作って贈ったとか。

四十苦労(四十九)しなくてもいいように、
また人生50年よりも長生き出来る様にという
願いを込めて、50に1個多い51個の飾り物が
つるされています。

Cimg7077

昔からの言い伝え・・・
素敵ですね。

Cimg7097

私は三月生まれ。
お雛様の前日がお誕生日なので、
雛祭りに纏わる話は我が事の様に嬉しい・・・

しかもお隣の大分県で、
初孫で生まれてきたので・・・
家には大きな七段飾りの雛飾りもありました。
大好きだった祖母の顔が浮かびます。

Cimg7086

親から子へ・・・
子から孫へ・・・
女の子の節句”さげもん”

きっと繋ぐ思いの中に私達も誕生したのですね。
「この季節にみんなに会えて良かったぁ・・・」
女子旅が最高に盛り上がっていました。

それぞれの表情も・・・
つかの間、
女の子!?

嵯峨聖子ホームページ
http://www.sagaseiko.com

サンミュージックプロダクション
http://www.sunmusic.org/

|

« 「川下り」 | トップページ | 「うなぎのせいろ蒸し」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「川下り」 | トップページ | 「うなぎのせいろ蒸し」 »