« 「西瓜が食べたい!」 | トップページ | 梅雨前の空 »

『DRUM TAO』

圧倒的な迫力のエンターテイメントを鑑賞してきました。

数年前から、気になっていた、
『TAO』

Cimg8881

ようやく足を運ぶ事が出来ました。

初めての鑑賞だったので・・・
全体像が観たいと思い、お席は2階の真ん中で・・・
これが、もう想像以上の熱いパフォーマンス!
言葉では言い尽くせない、感動です。

Cimg8885

舞台で一気に繰り広げられる「ドラムロック疾風」
そのスピード、その迫力は、間違いなく、
並大抵な訓練では出来ないパフォーマンス。
ひとりひとりの熱き演者達が自信たっぷりに、
「どうだぁ~~~!」とばかりに・・・
誇らしげに・・・

圧巻です。
何も言う事がない。

『TAOの里』として拠点を大分県の竹田市にもつTAO
大分出身の私には、これも気になった要素のひとつ。

2011年には大分県「文化功労賞」受賞
2013年には竹田市「文化創造賞」受賞
そして、2014年には「観光庁長官表彰」受賞

我が故郷から発信しているTAOの魅力に
一度触れてみなくては・・・
そんな思いで駆けつけた、劇場。いやぁ~~~
一度では済まされない思いになりました。

さらには、構想、演出など、舞台裏まで探りたい!
圧巻の舞台を観て、私もリポーター魂がふつふつと、
ここに挑む彼らの魂まで探りたい気持ちに・・・

そして、この日本のパフォーマンスを、
ニューヨークで観て見たい~!!!

今後は2020年までに、東京、大分、そして、
NYブロードウェイに常設の拠点つくりを目指すとか。
海外の皆さんがどう観るのか?

ひとつ、楽しみが増えました。

嵯峨聖子ホームページ
http://www.sagaseiko.com

サンミュージックプロダクション
http://www.sunmusic.org/

|

« 「西瓜が食べたい!」 | トップページ | 梅雨前の空 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「西瓜が食べたい!」 | トップページ | 梅雨前の空 »