『六月博多座大歌舞伎』

待ちに待った博多座の舞台を観劇させて頂きました。

『六月博多座大歌舞伎』
中村橋之助改め八代目中村芝中村芝翫さん、そして、
中村国生改め四代目中村橋之助さん、
中村宗生改め三代目中村福之助さん、
中村宜生改め四代目中村歌之助さん、
ご存知親子四人同時の襲名披露公演です。

Cimg9051

博多座の劇場に入るや否や目を引く素晴らしい祝幕。
四人のお名前が記された佐藤可士和氏デザインの
幕は芝翫さんのお名前の文字がアレンジしています。

そして・・・

Cimg9059

今回、お席をお世話頂きました博多座の岩永様から、
素敵な記念もお品物を頂きました。

Cimg9061

お扇子の絵柄と文字には、
三人のお子さん方のお名前が記され、
これからの舞台を船出に見立てた言葉が・・・
厳しき文言の中にもほのぼのと親子の愛情を感じる
温かさを感じる貴重なお扇子です。

さて・・・
今舞台の演目は、昼の部
「車引」「藤娘」「毛谷村」「河内山」

夜の部は、「信州川中島合戦」
「口上」「祝勢揃寿連獅子」「幸助餅」

襲名披露の舞台ならではの演目の数々、
その中でも襲名披露ならではの華やかなの「口上」
そして、親子四人での「連獅子」は圧巻でした。

Cimg9057

これまでにも親子共演の舞台での「連獅子」は、
数々拝見させて頂きましたが、多くても三人。
四人での連獅子は私は初めてでしたが、
時折魅せる、芝翫さんの子を見守る親の表情が、
なんとも言えず微笑ましく・・・
そして、揃って魅せる気振りの場面では、、
知らず知らず涙ぐんでしまうほどお見事で・・・・

この時、ふと胸をよぎったのは、遥か昔・・・
国生さんが誕生された際、
芝翫さんと奥様、三田寛子さんが、
お子さんを抱いて病院を退院されたときの事。
取材現場に駆けつけ、インタビューをさせて
頂いたときの事がふと蘇り・・・
あの時の小さな小さな国生さんが、
お父様の橋之助さんを名乗り舞台に立ち、
立派に務めていらっしゃる事が本当に嬉しく、
胸いっぱいで・・・

考えてみれば・・・
三田さんにはご結婚が決まった時や、
また、芝翫さんは勘三郎さんとの舞台の時等、
いろんな場面で取材に伺わせて頂きましたが、
そうした数々が想い出される時間でもありました。

脈々と繋がっていく・・・
歌舞伎ならではの歴史をあらためて感じます。

今回は「博多座」も楽しもうと、
休憩時にはレストランでお昼を頂きました。

Cimg9041

旬のお野菜で彩られたお弁当。

Cimg9034

白米のご飯には、お赤飯も。
おめでたいお気持ちのお裾分けですね。

Cimg9046

この襲名披露では坂田藤十郎さん、尾上菊五郎さん、
中村梅玉さんをはじめとする豪華な役者の皆様も
揃われ、舞台を華やかに盛り上げていらっしゃいます。

夜の部、最後の「幸助餅」は、
人として忘れてはならない心、
幾世の時代が変わろうとも、
そうでありたい人情を面白く描いている演目・・・・
劇場を後にする時に優しくなっている自分を感じました。

『六月博多座大歌舞伎』
ひととき落ち着いて楽しめる舞台となっています。

今回も博多座の皆様には、
いろいろとお世話になりました。
このご縁に心から感謝して・・・

嵯峨聖子ホームページ
http://www.sagaseiko.com

サンミュージックプロダクション
http://www.sunmusic.org/

| | コメント (0)

『DRUM TAO』

圧倒的な迫力のエンターテイメントを鑑賞してきました。

数年前から、気になっていた、
『TAO』

Cimg8881

ようやく足を運ぶ事が出来ました。

初めての鑑賞だったので・・・
全体像が観たいと思い、お席は2階の真ん中で・・・
これが、もう想像以上の熱いパフォーマンス!
言葉では言い尽くせない、感動です。

Cimg8885

舞台で一気に繰り広げられる「ドラムロック疾風」
そのスピード、その迫力は、間違いなく、
並大抵な訓練では出来ないパフォーマンス。
ひとりひとりの熱き演者達が自信たっぷりに、
「どうだぁ~~~!」とばかりに・・・
誇らしげに・・・

圧巻です。
何も言う事がない。

『TAOの里』として拠点を大分県の竹田市にもつTAO
大分出身の私には、これも気になった要素のひとつ。

2011年には大分県「文化功労賞」受賞
2013年には竹田市「文化創造賞」受賞
そして、2014年には「観光庁長官表彰」受賞

我が故郷から発信しているTAOの魅力に
一度触れてみなくては・・・
そんな思いで駆けつけた、劇場。いやぁ~~~
一度では済まされない思いになりました。

さらには、構想、演出など、舞台裏まで探りたい!
圧巻の舞台を観て、私もリポーター魂がふつふつと、
ここに挑む彼らの魂まで探りたい気持ちに・・・

そして、この日本のパフォーマンスを、
ニューヨークで観て見たい~!!!

今後は2020年までに、東京、大分、そして、
NYブロードウェイに常設の拠点つくりを目指すとか。
海外の皆さんがどう観るのか?

ひとつ、楽しみが増えました。

嵯峨聖子ホームページ
http://www.sagaseiko.com

サンミュージックプロダクション
http://www.sunmusic.org/

| | コメント (0)

『細雪』

博多座四月公演『細雪』

艶やかな四姉妹の演じる、
谷崎潤一郎さん原作の舞台を観劇させて頂きました。

Cimg8130

戦争に向け、世の中が大きく変わろうとする時代、
そんな昭和十時代に力強く生きていく姉妹を描く作品。

本当に・・・
素晴らしい舞台でした。
博多座に足を運ばれた多くはご婦人方でしたが、
そうした女性には共感を得られる華やかで美しい舞台。

お着物がずらりと飾られた場面では、
お客様からも思わず、ため息・・・
私もお着物は大好きなので、
ついつい見入ってしまいました。

『細雪』は随分前に取材で拝見した事がありますが、
今回で1500回を超える上演になる事の意味を、
あらためて実感しました。

そして・・・
最後の満開の枝垂桜の場面は圧巻。
桜と雪に譬えた人の生き方を語る言葉には、
今の自分の年代だからこそ、深く心に響き・・・
目頭がじんわりと・・・

この舞台には、
サンミュージックの太川陽介さんも出演されています。
もう700回は演じているお役だそうです。これが、
太川さんらしいお茶目な雰囲気もあってはまり役です。

『細雪』
艶やかで華やかで力強い、舞台。
今の時代だからこそ伝えたいメッセージが、
たくさん描かれていました。

「背筋をしゃんと・・・」

観終えた後・・・
そんな気持ちが溢れました。

嵯峨聖子ホームページ
http://www.sagaseiko.com

サンミュージックプロダクション
http://www.sunmusic.org/

| | コメント (0)

演舞場で”GOEMON”

週末は秋晴れの銀座へ・・・
青い空と清々しい空気・・・

都会に居ても充分に季節を感じます。

Cimg3048_2

歌舞伎座の前は・・・
なにやら、夜のイベントの準備で忙しそう。
初めて地下鉄に繋がる地下のお店を眺めました。
観光客には楽しめるスペースになっていました。

4丁目では・・・

Cimg3050

『号外』が出ていました。

時と時代の流れを感じる瞬間です。
「薨去」~こうきょ~(初めて確認した言葉でした。)

さて・・・
この日の目的、新橋演舞場へ。

『GOEMON』

Cimg3067

片岡愛之助さん主演の舞台。
4回目の再演でようやく観劇する事が出来ました。

ジャニーズの今井 翼くんもこの演目に欠かせない、
ひとりとなっています。

なので、今回も翼くん繋がりで杉本さんと
ご一緒させていただきました。

Cimg3072

今回の舞台にはフラメンコダンサーの
佐藤 浩希さんが出演しています。

佐藤さんは、宇崎竜童さん阿木耀子さん主宰の
コーラスグループ「ひふみレインボー」で活動の際、
ステージでは何度かコラボさせて頂いていたので、
この大きな舞台でダンスが拝見出来るのも楽しみの
ひとつに・・・!

そして、その思いは、思い以上に素晴らしく、
本番の舞台では魂のダンスを堪能させて頂きました。
そして、客席では佐藤さんと毎回情熱的なフラメンコを
魅せてくださっている同じくフラメンコのスペシャリスト
鍵田真由美さんの姿も・・・
鍵田さんのダンスは観ているだけで体が震えるほど
情熱的で自然に涙が出てくるのです。

思いがけず、お久しぶりのご挨拶も出来て、
嬉しい時間ともなりました。

そして・・・
『GOEMON』

その洋と和の融合。
新橋演舞場の会場ならではの演出や、
演者の皆様の和気藹々の雰囲気も伝わり、
時間が経つ毎の盛り上がりに、興奮~!
魅力溢れた愛之助さんらしい舞台となっていました。

そうそう、途中・・・
客席では新婚の奥様と愛之助さんの愛コンタクトも!
たまたま通路挟んだ反対側で鑑賞していた私・・・・

身近で2ショットを目の当たりにさせて頂き、
感じたのは・・・「本当にお幸せそうでした!」

『GOEMON』
念願かなって観劇した舞台の人気ぶりは分ります。
御一緒させて頂いた、杉本さんのお陰もあり、
とても楽しく貴重な鑑賞時間となりました。

感謝の一日です。

嵯峨聖子ホームページ
http://www.sagaseiko.com

サンミュージックプロダクション
http://www.sunmusic.org/

| | コメント (0)

ASHIKAWAバレエ発表会

『ASHIKAWA バレエスタジオ第4回 生徒発表会』

Cimg5753_2

2年に一度の発表会。
今回も舞台のアナウンスをさせて頂きました。

Cimg5752

1回目は、何から何まで未知数で・・・
ドキドキだった発表会。

4回目の今年は、
段取りは分かっているものの・・・・
やはり、生の舞台となれば新鮮な面持ちです。

Cimg5772

構成・演出・振付・指導と、仕切るのは・・・・
足川欽也さん。

Cimg5769

10代の頃、共に同じステージで活動した仲間です。

本番直前まで生徒さんを指導する、欽也先生。
叱咤しながらも愛情いっぱいの指導・・・
その姿はお互いの恩師、
振付師の土居 甫先生の姿に似ていました。

きっと、土居先生も目を細めて、
どこかで見守ってくれていたことでしょう。

Scimg5754

すべての生徒さん達が・・・
2年に一度の本番に向けてエネルギーを全開にします。

おひとり、おひとりのお名前を心を込めて
呼ばせて頂きました。

「頑張って・・・・」
そう、お祈りしながら・・・・

会場いっぱいのお客様の大きな拍手と共に・・・
発表会は大成功の中、無事終了。

駆けつけた当時の仲間と共に、打ち上げで、
ホッと一息。

Cimg5773

日本テレビ音楽学院で共に汗を流した時代から、
まもなく、40年?!

あの頃の先生方よりも年齢は越してしまったかも!
でも、初心を忘れず、夢に向かい歩み続けている姿勢は
仲間として刺激や励みにもなり、心から尊敬・・・・

「どこまでも応援するよ!欽也くん!」

Cimg5757

さて、また2年後・・・・

生徒の皆様のそれぞれの成長と活躍を拝見するのが、
今から楽しみです。

私も負けないよう頑張らなくては!
素晴らしい仲間との縁に心から感謝です。

ASHIKAWA バレエスタジオ
http://www.a-ballet.join-us.jp/

嵯峨聖子ホームページ
http://www.sagaseiko.com

| | コメント (0)

”歌舞伎 福岡応援隊”

数々の素晴らしいお芝居やミュージカル、
歌舞伎が繰り広げられる、博多の素晴らしい劇場。
福岡博多の『博多座』

その”歌舞伎 福岡応援隊”に任命頂きました!
http://www.hakataza.co.jp/kfo/member

Img313874

博多座での歌舞伎上演は毎年2月と6月。

情報番組でも 故 中村勘三郎さん、はじめ、
勘九郎さん、七之助さん、市川猿之助さん等々、
これまで多くの舞台を通して役者の皆様を取材させて
頂きましたが、今後は博多座の舞台で拝見する優美も
このブログ等でも皆様に楽しくお伝えさせて頂ければと
思っています。

これを機に・・・
福岡の皆様、そして歌舞伎ファン、博多座ファンの皆様と
さらなるご縁が出来、素敵なお時間をご一緒させて
頂けましたなら幸いです。

”歌舞伎 福岡応援隊”
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
http://www.hakataza.co.jp/kfo/member

嵯峨聖子ホームページ
http://www.sagaseiko.com

| | コメント (0)

『ASHIKAWAバレエ発表会』

今日は黒子に徹したお仕事。

これで3回目となる
『ASHIKAWAバレエスタジオ生徒発表会』

Dscf2055_2

2年に一度開催される発表会・・・
第一回目から参加させて頂いていますが、
回を重ねる毎、素晴らしいステージとなっています。

Dscf2061

主宰である足川欽也氏は昔からの仲間。
今では代表であり、先生であり・・・
こんなに多くの生徒さんの指導者です。

Dscf2064

あれ・・・
先生が、誰よりもお茶目・・・?!

本番途中・・・・
互いの恩師である振付師の土居甫氏の顔が浮かびました。
 「土居先生、どこかで見ていてくれてるかなぁ・・・
     先生、欽也くんはいま頑張ってますよ~~!」

第一回目の開催前、
  「どこかに必ず土居先生の要素を入れようと思ってる。」
そう語っていた欽也氏の言葉を思い出しました。

 「そう・・・
    そうして繋がっていくんだろうなぁ、魂は・・・」

そんなことを考える中、進行していくステージ・・・
名前をご紹介する際にも、自然と力が入ります。
ステージに上がる、おひとり、おひとりのお名前・・・
心を込めて呼ばせて頂きました。

今回、生徒さん達の憧れでもあり強力なサポーターは、
この男性バレエダンサーの皆さん。

Dscf2070

中弥さん、土方さん、石井さん、武石さん、岡田さん、
日本はもとより海外でも活躍するダンサーの皆さんです。
5人も揃うと圧巻!しかも さすがにスタイルも姿勢もよく
綺麗です!

ところで・・・

Dscf2065

この発表会の打ち上げの席・・・
ひょこひょこと私のところにやってきてくれた、
ひとりの小学生の生徒さんの女の子。

「良かったです・・・」「ん?何が???」
「良かったです・・・」「えっ・・・???」

どうやら、私のアナウンスを聞いて、
感動しわざわざ褒めに来てくれたんです。
「なんと、可愛い~~!」
私自身がそのことに感動でした!

小さなハートにも何かを感じてくれていたんですね。
大事なことですね。

発表会は大成功のうちに終了・・・
心地よい疲労感は仲間の笑顔で薄らいでゆきます。

欽也くん、麻実さん、
そして、出演された生徒の皆さん、お疲れ様でした。
お世話になりました。

『ASHIKAWAバレエスタジオ』
今後の発展を心よりお祈りしています。
次回また皆の笑顔に会える日が楽しみです。

『ASHIKAWAバレエスタジオ』
http://www.a-ballet.join-us.jp/

嵯峨聖子ホームページ
http://www.sagaseiko.com

| | コメント (0)

『 ええから加減 』

大好きな役者、藤山直美さんのお芝居に出かけました。
そう言えば、直美さんのお芝居、なんだか久々・・・・

新しくなった日比谷のシアタークリエ。
こじんまりと見やすい劇場になっています。

しゃべくりの高畑淳子さんとの初共演。
二人のコンビは”強力タッグ”ってとこでしょうか!
「演劇界 最強の名コンビ誕生!」とあります。

登場人物だけでも魅力溢れるお芝居・・・
毎日、”大入り”でお席を取るのも大変でした。

転んでもタダで起きない二人・・・
波乱万丈、何があっても、笑いに変えて元気に生きていく。
ユーモアたっぷりの涙と笑いの物語。

今の自分が素直に一生懸命生きていれば・・・
そんなに頑張らなくてもいいのかな。

   自分らしく・・・
        頑張り過ぎず・・・
             頑張ります。。。

| | コメント (0)

『平成 中村座』

新名所となる”スカイツリー”
そんなロケーションを眺めながら・・・・・

『 平成 中村座 』へ・・・

私としては、初めて訪ねる芝居小屋。
すでに日本の各地は元よりNYなど海外にも進出している芝居・・・

でも旗揚げである原点はここ浅草。
隅田川のほとりにあるこの場所で今回は初のロングラン公演。



しかも、六代目中村勘九郎さん襲名披露の舞台とあっては、
何としてでも、行きたいと思っていたところ、
タイミング良く、取材日に伺えることに!

3日初日夜の部、大勢のお客様でぎっしりな客席。

江戸時代を彷彿させる独特な情緒溢れる空間・・・
会場全体が活気ある芝居小屋です。

六代目中村勘九郎さん、
取材現場を走り回っていた子供の頃、20歳になり、
大人の顔と責任感が目覚めていた頃、これまで取材で拝見した
いろんな表情が思い出されます。

そして、拝見したこの舞台ではっきり見えたことは、
まさにこれからの”歌舞伎界”をしっかりと支えていくお一人で
あるということ。

この日、口上での傍らにいらっしゃった勘三郎さんの姿は、
お父様としての優しさが溢れているように見えました。

『 平成 中村座 』
役者の息遣いまで伝わってくる、素晴らしく温かい空間でした。

嵯峨聖子ホームページ
http://www.sagaseiko.com

| | コメント (0)

「山田雅人さんの語り」

山田雅人さんの語り・・・
VOL.5となる今回は、『 藤山寛美物語 』

山田さんがこの世界に入る際に出会った、
浪花の喜劇王、藤山寛美さんとの知られざる物語です。

そして、そこから感じる寛美さんの人間愛。
寛美さんの声が、その表情が目の前に感じられる、
息を吞むほどの山田さんの迫真の語りでした。

寛美さんの人間としての大きさ、深さ・・・
そんな愛に触れられたこと、恩恵を受けたこと、
きっとそれは偶然でなく必然・・・・
誰にでもあることではない、だからこそ、その山田さんの語りは
ある種の使命を授かったと言うことなのでしょう。

それが、生きている者の生かされている者の使命。
山田さんの語りからたくさんの事を考えさせられました。

今生きている自分・・・
その意味も追求していかなければ・・・
自分の使命を考える時間にもなりました。

週末に行われた今回の山田雅人さんの語りは、
”芸術祭参加作品”としてノミネートされていました。
ライフワークにされている山田さんの語り・・・
是非一度、生のライブで聴いてみてください!

嵯峨聖子ホームページ
http://www.sagaseiko.com

| | コメント (0)